様々な容量が存在するマーガリンですが、一度に使いきれない方も多いのではないでしょうか。

その中でも、使いかけのマーガリンを腐らせない為にも冷蔵庫に保管したまま放置している方はいませんか?

そこで、今回はマーガリンは何日で腐る?賞味期限は?味やニオイでの見分け方と保存方法はコレ!について紹介していきます。

マーガリンは腐る?賞味期限は?

マーガリンを開封後、何か月前のものなのか分からない場合は要注意です。

一般的にはマーガリンの賞味期限は6ヶ月~10ヶ月です。

油分の多いマーガリンは意外と酸化しにくい性質を持っていますが、腐ると身体にも影響が出てしまうのでこれを機にチェックしてみてくださいね。

マーガリンの外箱に記載されているものは多くが賞味期限です。

その為、消費期限ではないから大丈夫だろうと思っている方も多いかと思います。

適切な保存方法を守っていることや未開封状態であれば、マーガリンの場合、賞味期限切れから約1ヶ月程度は問題なく食べられます。

但し、半年や1年過ぎた場合は要注意です。

品質の劣化している可能性が高いので、マーガリンが未開封であっても食べない事をおすすめします。

開封後であれば、マーガリンは長くて1ヶ月程度が問題なく食べられる期間なので、自分の食べきれる量を購入するのが良いです。

マーガリンは腐る?味やニオイでの見分け方

腐ったマーガリンの見分け方で重要なのは、まず見た目です。

一部にカビが生えてしまったものでも見えない菌が繁殖して腐っている可能性が高いため、そのようなマーガリンは食べない事をおすすめします。

しばらく経っているマーガリンは、変色していないかを確認するのも重要です。

マーガリンの表面が黄色っぽくなっている場合は酸化しているのでそのまま食べても問題はないですが、黄色以外の色に変色している場合は食べられない状態なので注意が必要です。

 

また、特に一度溶けてしまったマーガリンは、酸化しやすくカビも生えやすいです。

その為マーガリンが腐ってしまう可能性も高いので、購入後はすぐに冷蔵庫保存することが好ましいです。

マーガリンは腐るの?ニオイでの見分け方

次に重要なのは匂いです。

古いマーガリンは酸っぱい匂いや異臭はしていませんか?

通常のマーガリンは無臭に近い事が多い為、匂いの変化はとても分かりやすいです。

上記のような匂いがする場合には、絶対に食べずにそのまま破棄するようにしてください。

また、冷蔵庫に保存していても庫内の臭いが移ってしまう場合があります。

特にこれは身体に害が無いので食べても問題ありませんが、風味が落ちてしまうためおすすめしません。

マーガリンの保存方法はコレ!

マーガリンの保存方法にも注意が必要です。

また、マーガリンは冷凍保存には向いていない食品の為、保存方法は必ず冷蔵保存にしてください。

マーガリンは、冷凍状態だと解凍時に油が分離してしまい、風味や品質が落ちてしまいます。

また、その状態から再度冷蔵保存に切り替えてしまうと酸化を早めてしまうため、最初からマーガリンは冷蔵保存で使用することをおすすめします。

マーガリンは何日で腐る?賞味期限は?味やニオイでの見分け方と保存方法はコレ!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、マーガリンは何日で腐る?賞味期限は?味やニオイでの見分け方と保存方法はコレ!について紹介してきました。

1度にそれほど大量に使わないからこそ、マーガリンの賞味期限や保存方法には注意が必要ですよね。

まとめると

・マーガリンの賞味期限は6ヶ月~10ヶ月。

・賞味期限切れから約1ヶ月程度は問題なく食べられる。

・一度溶けてしまったマーガリンは、酸化しやすくカビも生えやすいので注意。

・マーガリンは冷凍保存には向いていない為、保存方法は必ず冷蔵保存。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

次の記事はこちら 牛乳は何日で腐る?味や臭いでの見分け方と賞味期限 保存方法はコレ!