年齢によってミドルやシニアなど世代を分けられて呼ばれることもありますよね。

慣れないとその世代表現に違和感を感じたり、妙に納得してしまう場合もあります。

一般的にはどうなんでしょうか。

そこで今回は、ミドルとは何歳から何歳までのこと?一般的には・・について紹介していきます。

ミドルとは何歳から何歳までのこと?一般的には・・

ミドルとは、何歳から何歳までのことをいうのかという点においては、概ね40歳くらいから59歳までの年齢層のことをいいます。

このミドルという年齢層は、家庭の安定や仕事に関しても責任ある立場で活躍している方も多い傾向もあります。

また、ミドルからシニアに移行する年齢に差し掛かるころには、落ち着いた生活を望む方、家庭を重視していく方や自身の趣味などにお金と時間を費やす方などさまざまな考え方や目的で行動する時期でもあります。

ミドル世代の特徴と傾向は?

ではミドル世代にはどんな特徴があるのでしょうか。

ミドル世代は若い時期とは違い、体力的にも衰えを感じる年齢でもあるため、体の健康について意識する方も増えるのもミドルの年齢層の特徴の一つといえます。

ミドル世代は、職場での定期的な健康診断などでひっかかってしまうケースや、若いころの不摂生が体にあらわれてしまう時期でもあります。

ミドル世代は、それまであまり病院のお世話にならなかった方でも生活習慣病などによって生活面の改善や医療機関での治療などを受けるような状況になる方も増える傾向もあります。

ですが、精神面においては、比較的まだ若い、行動できるという意識を持つ方も多い傾向があるため、私生活や仕事に対して前向きな姿勢で行動する方もいます。

ただし、一度、重い病気などにかかってしまうことにより老いを意識し始めてしまうと年齢相応の意識、それ以上に老いを感じてしまうケースもミドル世代にはあるようです。

ミドルエイジのポイントは?

そのため、ミドルエイジは出来るだけ病気などにかからないように注意しつつ、精神面においてはポジティブな思考を維持していくことが、ミドル年代では心がけていくことで若さを保つ重要なポイントでもあります。

ミドル世代は若いころからの経験によって、大人としての常識を持ち合わせている年齢でもあるため、家族を支え、仕事では部下を従えてプロジェクトをこなしていくことなどまだまだ活躍できる年齢層、世代です。

ただし、その一方でミドル世代は体に関してあまり無理がきかなくなってくるのも事実です。

ミドル世代はある程度健康面を意識しながら私生活と仕事の両立をしていくことと、出来るだけ若さを保てるようにポジティブな思考を維持していく事がポイントですね。

ミドルは人材育成市場では何歳から何歳?

ミドルは一般的には、40歳から59歳ぐらいを指しますが、転職などの人材育成の市場ではどのような区切りなのでしょうか。

東京都委託事業の東京仕事センターによると、以下の分類になるそうです。

3つの年代コーナー

・ヤング・・・34歳以下

・ミドル・・・30歳から54歳まで

・シニア・・・55歳以上

というように東京仕事センターによると名称をつけられています。

やはり一般的なものと転職などの人材育成の市場によってもミドルが何歳を指すか違いがありますよね。

 

ミドルとは何歳から何歳までのこと?一般的には・・まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ミドルとは何歳から何歳までのこと?一般的には・・について紹介していきました。

まとめると・・・

・ミドルとは、概ね40歳くらいから59歳までの年齢層。

体の健康について意識する方も増えるのもミドルの年齢層の特徴。

一度、重い病気などにかかってしまうと年齢相応以上に老いを感じるケースあり。

・ある程度健康面を意識しながら私生活と仕事の両立がポイント

これらがミドルと言われる世代の特徴です。

あなたはどの世代ですが?

自分もこの歳になってみると、色々と考える事が多くなるじきではないでしょうか。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

次の記事はこちら シニアとシルバーの違い?高齢者、老人?意外と知らない違いとは?

次の記事ではシニアとシルバー、高齢者、老人など年齢によって呼ばれ方が変わってきます。

このことを調査し、まとめてみた結果面白い事も分かりました。

続きはこちらの記事で・・・