そばと言えば、天ぷらそばやざるそば等をイメージする人が多いと思います。

古くからある日本料理の一つで、安土桃山時代の文書にそばを振舞ったという記述があるそうですから、それ以前からあったのでしょう。

もっと古い時代には餅として食べられていたようです。

そこで今回は、瓦そばのカロリーは高い?由来は?千葉で瓦そばはここがおすすめ!について紹介していきます。

瓦そばの由来

古くから日本人に親しまれてきたそばですが、その実をつける植物自体は遺跡発掘等から縄文時代に日本に入ってきたと考えられています。

現在では様々な名前のそばがありますが、その中の一つに瓦そばがあります。

瓦そばは山口県下関市にある川棚温泉で考案され、提供が始まったとされています。

それが昭和36年のことなので、そばの歴史からするとかなり新しいものです。

一般的なそばはそば粉等から作られ白っぽい色から茶色っぽいものまでありますが、瓦そばはそば粉に抹茶を混ぜた茶そばを使うので緑色をしています。

さて、瓦そばはどのような形で提供されるかと言うと、その名の通り屋根瓦の上に盛られて出てきます。

瓦そばのれは明治10年の西南戦争に兵士が瓦を使って調理をしたということを参考にしたためです。

 

それに倣い瓦は熱せられ、その上に茶そば、そして錦糸卵や牛肉、海苔、もみじおろし、輪切りのレモンが載ります。

当然、茶そばの下は焼かれ麺がパリパリになります。

これだと焼きそばをイメージするかもしれませんが、ざるそばのように少量ずつ取り、つゆに浸して食べるのです。

瓦そばのカロリーは高い?千葉で瓦そばはここがおすすめ!

 

ところで瓦そばのカロリーについて見てみると、そば粉に抹茶を混ぜているのでカロリーが若干低いのかと思いきや、通常のそばと茶そばのカロリーはそれほど変わりません。

しかし瓦そばには、先ほど列挙した具があるので、1人前でおおよそ700kcalほどになります。

これに対して、ざるそばは300kcalほど、天ぷらそばでも400kcalほどなので、瓦そばは2倍ぐらいになります。

しかし茶そばの焼けた香りが食欲をそそり、女性でも瓦そばは一人前をペロリと食べてしまうことでしょう。

また、瓦そばは山口の名物ですが、千葉でも食べることが出来ます。

例えば船橋市の「kawara CAFE&DINING 津田沼PARCO店」です。

このお店で、瓦そばを食べることが出来ます。

千葉では他には瓦そばが食べられるお店は、ほとんど見当たらないのでおすすめですし、貴重な存在です。

 

瓦そばのカロリーは高い?千葉で瓦そばはここがおすすめ!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、瓦そばのカロリーは高い?千葉で瓦そばはここがおすすめ!について紹介してきました。

 

私の調べたところ、瓦そばが千葉で食べられるのは、例えば船橋市の「kawara CAFE&DINING 津田沼PARCO店」なので、ぜひ一度お試しください。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

次の記事はこちら 瓦そばの由来は?岩国でおすすめはここ!

 

瓦そばの由来は?岩国でおすすめはここ!

 

●家庭でも味わえる瓦そばを紹介しておきます

 

●本格瓦そばの為の瓦

 

●山口名物瓦そば