初詣に行くと、着物を着ている40代の方を見かけますよね。

落ち着いた色合いの着物で上品な感じだと似合っているな、私も40代で初詣に着物を着てみたいな、でもな…とためらったりしていませんか?

40代にもなって着物を着るのは気が引ける…なんて思わずに!

「40代だからこそ」の初詣の着物です。

そこで今回は、初詣の着物!40代におすすめの着物はどれ?実際に調査!について紹介していきます。

初詣の着物!40代におすすめの着物はどれ?


40代が初詣に着る着物のおススメは、「小紋(こもん)」がいいです。

着物の中でも比較的動きやすい小紋は、初詣などの人で混雑するような場所、そして40代にピッタリ。

小紋はかしこまりすぎないけれど、華やかで親しみのある、着物初心者でも着やすい着物なんです。

洋服で例えると、ワンピースのような感じです。

小紋はデザイン、カラーバリエーションが豊富、帯や小物の使い方次第で、40代のあなたがコーディネートが楽しめちゃうのが小紋の魅力です。

また、小紋は着物全体に、大きい柄、小さい柄、幾何学模様などが連続して染められているのが特徴です。

様々な色柄が揃っている小紋ですが、おめでたい正月に折角着るのですからおめでたい柄がいいですよね。

おめでたい柄とは、吉祥文様と呼ばれていて扇子の柄、宝珠、打ち出の小槌、松竹梅の模様が特に縁起がいいと言われています。

 

初詣に着物を着る40代女性のおすすめコーディネートを実際に調査!


初詣の着物は派手目な着物を着たい!と思う気持ちを抑えて、ここは年代に合わせ、40代らいしいしっとり落ち着いた色合いを選びましょう。

40代は、はっきりした色合いより淡い黄色、グレー、ベージュなど淡い色の着物を実際に着ると、とても上品な雰囲気になりますよ。

 

また、着物の色として顔周りに近い場所に優しい淡い色があると、落ちついた上品な女性という印象を持ちます。

実際に、あ、40代らいしい綺麗な着物だなと思うものは、だいたい色が顔や年代に合っているからなんです。

これは初詣の着物だけではなく、40代のコーディネートとして人気があるので普段でも試す価値がありそうですね。

 

また、実際に着物が落ち着いた色合いの場合は、帯締め、帯揚げは濃い色にするとアクセントになって引き締まりますよ。

初詣に関わらず、着物にもメリハリが必要なんですね

初詣は寒い!40代の着物の寒さ対策教えて!

1月の初詣は寒いですよね。

着物も襟ぐりが開いていたり、参道から冷たい風が足元から入ってきて寒いです。

防寒対策をしっかりとして初詣に着物で行きましょう。

そこで、着物用の防寒小物は何があるのか紹介しますね。

着物の防寒小物

羽織

ウール素材の羽織はとても暖かいです。

小紋のように気軽に着れる着物に羽織ります。

ポンチョ

袖の長さを気にせず着れるので、振袖にも合わせられます。

ショール

着物は首元が開いていますので、首を温める毛皮、少しカジュアルだとカシミヤのショールなどで首周辺を寒さから守りましょう。

手袋 、アームウォーマー

着物って袖が開いているんですよね。

そこから冷気が入ってきてしまうので見えない場所はアームウォーマーで寒さからガード!長めの手袋も欠かせません。

足袋カバー、ストッキング、レッグウォーマー

寒さは足元からも入ってきます。

足袋の上から履ける足袋カバーや着物用に鼻緒部分が作られたストッキング、足首の冷え対策にはレッグウォーマーで足元を冷えから守りましょう!

 

着物は、下に腹巻きや厚手の肌襦袢を着てもあまり響きません。

ある程度着込んで、寒いことが予想される初詣の寒さ対策を完璧にして40代でも初詣に着物で出掛けましょう!

 

初詣の着物!40代におすすめの着物はどれ?実際に調査!まとめ

いかがでしたでしょうか?

40代女性が初詣に着る着物のオススメをお伝えしてきました。

まとめると・・

  • 初詣の着物で40代におすすめは、デザイン、カラーバリエーションが豊富、着物初心者でも着やすい「小紋」がオススメ!
  • 初詣に着る40代の着物は、淡い色合いの着物と濃い色の帯締め、帯揚げでメリハリをつける
  • 初詣の着物は寒いので寒さ対策を忘れずに!

初詣の着物。

40代の落ち着きある女性だからこそ似合う着物があるのがわかりました。

着物って奥が深いですね。今度の初詣は、着物で行ってみるのはいかがですか?

 

気になる次の記事はこちら!初詣はいつまで混む?何時に行くのがベスト?松の内まで!?

初詣はいつまで混む?何時に行くのがベスト?松の内まで!?