鬼押出し園は、天明3年の浅間山の大噴火で誕生した溶岩が流れ込んだ跡に寺社や遊歩道が作られた観光スポットとなっています。

鬼押出し園は全体が大きな公園になっており散策コースが設けられています。

そして鬼押出し園内には、浅間山噴火の犠牲者を弔うために東京上野寛永寺の別院や浅間山観音堂が設置されています。

また、鬼押出し園は浅間山北麓に最大限2㎞、長さ5.5㎞にわたって黒々と広がる景観の奇勝となっています。

間近にみる巨大な溶岩は迫力満点で、鬼押出し園は大人も子供も楽しめるスポットです。

そこで今回は、鬼押出し園の所要時間はどれぐらい?について紹介していきます。

鬼押出し園の所要時間はどれぐらい?

鬼押出し園は途中に溶岩除けのシェルターがあるのもそれで浅間山が活火山であることを再認識させてくれ、自然の脅威を十分感じさせてくれます。

浅間公園から白根山に至る大パノラマの景色を見ることができる観音堂も、自然の景観のすばらしさを味わうことができます。

鬼押出し園の最短コースで惣門から表参道に向かい途中に水盤舎・鐘楼堂があり浅間山観音堂から裏参道というコースで鬼押出し園の所要時間約40分です。

標準コースに追加するコースとして鬼押出し園内が一望できる奥の院参道や浅間高原に自生する約100種類の高山植物が表示された高山植物散策コースがあります。

鬼押出し園は、全コースで1,300mの距離になり約1時間の所要時間で園内を散策することができます。

もし、時間にゆとりがあれば白根山が良く見えるスポットを見る事をおすすめします。

鬼押出し園へのアクセスと行き方

また、鬼押出し園への碓氷軽井沢インターチェンジからのアクセスは、車の場合は、上信越自動車道利用の場合は、碓氷軽井沢インターチェンジから中軽井沢より鬼押ハイウェー経由で約30㎞で平常時は45分で到着するのです。

小諸インターチェンジから鬼押出し園へのアクセスは、中軽井沢より鬼押ハイウェー経由で約35㎞で平常時は50分で到着します。

北関東自動車道~高崎JCT(関越自動車道)経由で茨城県、栃木県方面からのアクセスもあり便利です。

鬼押出し園への電車でのアクセスは、北陸新幹線軽井沢駅からバスで約40分の所要時間になります。

しなの鉄道の中軽井沢駅から鬼押出し園は、バスで約30分の所要時間になります。

JR吾妻線万座・鹿沢口駅からはバスで約25分の所要時間になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、鬼押出し園の所要時間はどれぐらい?アクセスと行き方について紹介してきました。

鬼押出し園は、鬼押出しハイウェイからの綺麗な景色も楽しめるので、車でのアクセスがおすすめにはなります。

しかし、電車でもバスが近くまで運んでくれるので、車が難しい場合でもアクセスには困りません。

ぜひ、1度遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

鬼押出し園ではなかなか、普段見られない絶景が広がっていますよ。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。