両国国技館は、言わずと知れた東京都墨田区にある大相撲が開かれる会場です。

しかし、意外にもその両国国技館ではプロレスやボクシング、そして近年はライブ、コンサート、イベント会場として多目的に利用されています。

音楽ライブイベントでは、有名アーティストのコンサートも連日開催されており、過去にはさだまさしが年末のカウントダウンコンサートを開催していました。

そこで今回は、両国国技館キャパ、ライブ座席表とアクセスは?気になる情報まとめ!について紹介していきます。

 

両国国技館キャパ、収容人数はどれぐらい?

両国国技館のキャパ、収容人数は約11,000人です。

会場は、あの中心にある土俵はライブ、コンサート会場に使用する場合取り外されて周辺にアリーナ席が作られるなどして、かなりのキャパを誇ります。

通常の座席が設置された会場のパターンの場合は半減の約5,000席となっています。

 

両国国技館ライブ座席表情報!見やすい席は?

 

 

両国国技館で音楽ライブ、コンサートの場合は相撲の土俵があった場所をメインのステージとし、その周辺をアリーナ席、立ち見席の座席にします。

そして、いわゆる相撲の観戦時の名物である桝席は2階相当の高さで土足禁止のカーペット敷きの座席になります。

 

さらに、両国国技館の座席配置はその開催されるライブの規模によって、土俵を囲むパターンの座席から、一般的なライブ会場のように正面にステージを作る場合もあります。

その時にはキャパが約11,000人から約5,000人規模に変更されるので気を付けましょう。

 

では、両国国技場で行われるライブ、コンサートでメインのステージが見やすいおすすめの席はどこでしょうか?

個人的には・・・

①ベーシックに臨場感と一体感を感じられるステージ横に位置するアリーナ席

②やっぱり両国国技館と言えば桝席

以上2点です。

②の桝席は少し特殊で土足厳禁なので、靴やブーツをわざわざ脱がなくてはなりませんが、前方のアリーナ席に比べてステージが見やすくなる為に段差が付いているので見やすい座席です。

私も桝席の3列目?で観ましたが、通路前というラッキーもありましたが、ステージ良くみえました。

1段ごとではないですが、桝席に段差があり、ステージが見やすかったのでおすすめの座席です。

 

ちなみに両国国技館は初めての方でも、1度はTVで相撲中継で見たことがあると思いますが、武道館のように基本的に全ての座席から中央のメインステージが見やすいようにすり鉢状に傾斜がついています。

そのため、極端にステージが見えにくい座席はありませんので安心です。

両国国技館へのアクセスは?

電車でのアクセス

両国国技館への電車でのアクセスとして最寄り駅はJR総武線の両国駅、西口から歩いて約徒歩2分の好立地にあります。

また、都営地下鉄大江戸線の両国駅からでも徒歩約5分で到着できます。

 

両国国技館は、JRの駅のホームからも見えるので駅からの行き方で迷うことはありませんので安心してくださいね。

 

バスでのアクセス

ちなみに都内の都営バスでのアクセスが可能です。

錦27、両28系統のバスで「両国駅」バス停から下車してすぐ目の前です。

都営バスの門33系統であれば、「両国駅」下車歩いて約5分です。

 

また、バスはスカイツリーからシャトル東京線が走っており、「両国・江戸東京博物館」バス停を下車して徒歩約5分で到着可能です。

遠方からライブ、コンサートに参加の場合少し早めに東京に到着し、スカイツリーを見学後スカイツリーからのシャトルバスで両国に来るルートもおすすめです。

 

両国国技館 基本情報

地図

住所:東京都墨田区横網1-3-28

TEL:03-3623-511

 

両国国技館キャパ、ライブ座席表とアクセス、気になる情報まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、両国国技館キャパ、ライブ座席表とアクセスは?気になる情報まとめ!について紹介してきました。

両国国技館のキャパ、収容人数は約11,000となかりの大規模です。

全席座席のパターンでも約5,000席は確保できるので、おのずとこの会場で観戦できるアーティトは有名アーティストが大半です。

 

ライブでの気になる座席表ですが、両国国技館らしい中央の土俵をステージ交換したパターンと、通常のコンサートホールのようにステージが一方にある2パターンが多いようです。

個人的には、全方位的にステージを楽しめる土俵交換パターンの会場で両国国技館ならではの桝席で観戦するのをおすすめします。

実際にライブを観戦して観てとても貴重でした。

ぜひ、あなたも機会があれば両国国技館でライブ、コンサートに参加してみませんか?

 

両国国技館は駅からも近く、スカイツリーなどの観光スポットの近くでもあるのでお出かけコースにも入れやすいですね。

1点最後に注意事項です。

両国国技館は、電車、バスでのアクセスがよく渋滞の緩和にもつながるので車での来場を勧めてはいません。

それもあり、両国競技場には駐車場がないので、車で万が一参加の場合は近隣のコインパーキングを利用しなければいけません。

イベントの規模にもよりますが、コインパーキングもすぐに満車になるので、早めの駐車場の確保してみてください。

 

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。