峠の釜めし、駅弁で全国的も有名なので一度は食べたことがあると言う人は多いのではないでしょうか。

峠の釜めしは群馬県安中市にある荻野屋が製造販売を行っている人気の駅弁です。

そこで今回は、峠の釜飯容器のかんたん再利用アイデア5選!について紹介していきます。

峠の釜飯の容器は再利用できる!

峠の釜めしは、江戸時代末期に笠間で修行したと言われています。

大塚啓三郎が窯を築いたことに始まった益子焼の容器に詰められていることが特徴で、峠の釜めしの容器は再利用出来るなどからも電車の中で食べ終えたものを家に持ち帰った経験を持つ人も多いと言われています。

また、峠の釜めしは日本随一の人気駅弁とも言われた時代もありますが、現代の特急列車は駅弁を買うために窓を開けることが出来ないので、峠の釜めしは横川駅でしか買うことが出来ないなどからも、徐々に購入出来るチャンスが激減してしまいました。

一時期は峠の釜めしとその容器は、いずれなくなるのではないかとも言われた時期もありました。

特に、信越本線の横川駅と軽井沢間が廃止になった時には、多くのファンは峠の釜めしとその容器を二度と食べること、見る事が出来ないと感じたのではないでしょうか。

しかしながら、有名な駅弁なので、現在では販路を広げており、横川駅に行かないと買うことが出来ないものではなくなっています。

峠の釜飯容器のかんたん再利用アイデア5選!

峠の釜飯の益子焼の陶器で焼かれた焼き物を再利用したい人も多いかと思われますが、ガスにかけておかゆを作る、ご飯を炊くなど色々な使い方が出来ます。

勿論、家で釜めしを再利用した容器で作ることも出来るのが魅力です。

そこで、

峠の釜飯容器のかんたん再利用アイデア5選!

峠の釜飯容器を再利用し釜めしを作る。

②峠の釜飯容器を再利用しておかゆ、ご飯を炊く。

③釜上げうどんの器として、峠の釜飯容器を再利用する。

④鍋焼きうどんの器として、峠の釜飯容器を再利用。

⑤チーズフォンデュの器として峠の釜飯容器を再利用する。

などなど、いかがでしょうか。

ガスでご飯を炊いたことがない人も多いかと思われますが、峠の釜飯容器を再利用する場合は最初は強火、吹きこぼれそうになった時には弱火にするなどちょっとしたコツを掴めば簡単に炊くことが出来ます。

むしろ、昔は炊飯ジャーなどはありませんでしたし、薪を燃やして直火でご飯を炊いていたわけですから、その方がよほど難しいわけです。

ガスの場合は火力を調整するのが簡単ですから、秋にはキノコや栗を入れたおこわを来るのも良いですし、冬場などは峠の釜飯容器を再利用して釜茹でうどんの器として利用することも出来ます。

また、なべ焼きうどんを作る時にも便利です、チーズフォンデュで利用するのも良いでしょう。

峠の釜飯容器の再利用の方法は意外と多くあるので、峠の釜めしを食べ終えた後は容器は捨てずに取っておき色々再利用して楽しんでみてはいかがでしょうか。

峠の釜飯容器を再利用アイディア5選!まとめ

いかがでしたでしょか。

今回は、峠の釜飯容器のかんたん再利用アイデア5選!について紹介してきました。

峠の釜飯容器を再利用アイデアの中でもチーズフォンデュなどは斬新で面白いですよね。

あなたも家ではどんなオリジナルの峠の釜飯容器を再利用がうまれるでしょうか。

ちなみに、我が家では変わりネタとして、パエリア。

さらに、峠の釜飯容器の再利用としてチョコレアチーズケーキやフルーツグラタンなど幅広く再利用していますよ。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

次の記事

峠の釜飯の容器の再利用で一番気になりますよね?電子レンジ使えるの?などを調査しました。

峠の釜飯の容器で電子レンジごはんって可能?はこちら!