甘くて柔らかくて、美味しい桃。

でも、桃はすぐに腐る、傷んでしまうデリケートな果物です。

そこで今回は、桃は何日で腐る?傷む?賞味期限や味と見た目の見分け方を調査!について紹介していきます。

また、気になる桃の食べごろまでをまとめてみました。

桃は何日で腐る?傷む? 賞味期限はどれくらい?

 

 

桃の賞味期限は常温保存で2~3日程度、熟れてから3日程です。

それを過ぎると桃は腐る、傷むと言われています。

 

そもそも、桃に限らず賞味期限というのは、品物自体の美味しい品質が保たれている期間を示すものです。

この期間内は桃は腐る心配なく美味しく食べられる目安になります。

桃の賞味期限を過ぎてしまってもすぐに腐ったらり、傷んだりして食べられなくなることではなく、見た目や匂いで品質に問題がないか判断してから食べてくださいというものです。

 

ちなみに「加工食品」には賞味期限の表示義務がありますが、実は桃のような果物等には賞味期限の表示義務がありません。

だからこそ桃のようなくだものは腐るまでの期間の判断が難しく、「食べごろ」の判断も難しいですよね。

美味しい桃を味わうために、そして桃を腐る、傷む前に食べるためにも桃の賞味期限には注意しましょう。

 

桃は、スーパーや贈呈物でも食べごろで売っているわけではないので、購入後の桃は食べるまで少し置いたほうがより美味しくなりますよね。

桃の味期限は常温保存で2~3日程度、熟れてから3日程ですが、室内が暑い場合など、桃は早くて半日~1日で熟してしまう場合もあるので、桃の状態を見てから保存することをおススメします。

 

桃が腐る、傷むのを防ぐ!保存方法は冷蔵庫?常温保存がいい?

桃は腐る、傷むのが早いので、保存する時は冷蔵庫に入れていいのか、常温保存なのかとても悩みますよね。

実は桃は基本的に常温保存がおすすめです。

 

桃が腐る、傷む前に、良い状態で保存する時は桃にネットがついている状態で新聞紙にくるみ、風通しのいい冷暗所に桃を保存してください。

 

桃の保存は冷蔵庫が苦手?

実は桃が腐る、傷むのを防ぐ為の保存方法として、冷蔵保存を思いつきますが実は桃は冷蔵庫の冷気が苦手なんです。

 

桃は冷やすと果物自体の甘さが逃げてしまうので、冷蔵庫に入れるときは桃を食べる直前がいいです。

でも、たくさん桃をいただいた時などは保存方法に困りますよね。

 

桃はの保存h方法は、一個ずつ空気に触れないようにアルミホイル、ポリ袋などで密閉します。

そして桃は野菜室に他の食べ物とぶつからないように入れると、腐る、傷むことなく賞味期限が伸びて1週間~1カ月ほど桃が腐ることなく持ちます。

ラップでくるむと桃の賞味期限は1週間ほどですが、アルミホイルで桃をくるんで保存すると腐ることなく、賞味期限最長1カ月も長持ちしますよ。

 

続いて、冷蔵庫も桃でいっぱいだよ!なんて時におススメなのが桃の冷凍保存。

熟れさせた桃の皮を剥いで一口大にカットし、フリーザーパックに入れて保存すると桃シャーベットや桃スムージーに使えて便利ですよ。

冷凍保存であれば桃が腐る、傷むことなく長期保存ができます。

 

桃が腐る?傷む?見た目の判断を教えて!

 

桃が腐るととどうなってしまうのでしょうか?

まず、桃は茶色く変色したところから傷み、腐るのが早くなります。

 

桃の皮が茶色くなってしまったら、残念ながらその桃は果肉も茶色く変色してしまっているのでそのようになったら、腐るサインなので早めに食べてください。

そもそも桃が茶色く変色してしまうのは、桃に含まれるポリフェノールの酸化が原因です。

桃は皮が薄く繊維が大きいため少しの刺激で果肉が空気に触れやすく、桃はすぐに酸化、腐りやすくなります。

その部分から桃はどんどん傷んで腐ってしまいます。

桃が腐る、傷むと見た目はどうなる?

  • 桃が腐ると桃から果肉が溶けて汁が出てきている
  • 桃は傷むと桃から臭いニオイがする
  • 桃が全体的に茶色いに変色してしまう
  • 桃の皮がしわしわは腐る、傷むサイン

などです。

この桃腐った?傷んだ?とおもったら、直ぐに桃のニオイを嗅ぐのもいいですね。

桃は腐る、傷む以外にも、長期間冷蔵庫に保存していると「匂い移り」などもあるので桃の保存方法には注意が必要です。

 

また、桃には外見にはわからない桃の腐り方、傷み方として「種だけが腐っている」という場合もあります。

天候により桃の身が急速に大きくなると、種が成長に追いつかず中で割れてしまうことがあるそうです(桃の核割れ)。

 

その種に水分が入り込んでしまうと、外側はきれいなのに桃の種部分にカビがはえて腐る、傷む状態になってしまいます。

このように桃が腐っているか?は見た目には判断がつきにくいので、もしそんな桃を発見したら販売店さんなどにすぐに連絡してみてくださいね。

 

桃の食べごろ教えます!腐る、傷む前に美味しく食べる!

桃が腐る、傷むまでの状態がわかったので、ここからは桃を美味しく食べられる食べごろはいつなの?の判断方法を教えちゃいます。

桃は実は甘い香りがしても食べごろとは限らない!桃を食べたくなる誘惑を振り切って次のことを試してみましょう。

 

桃の食べごろは、木と繋がっていた部分を見て判断します。

桃のおしり部分、くぼみが緑色ならまだ食べるには早いです。

この桃のおしり部分がクリーム色で少し触ると柔らかい時が桃の食べごろになります。

もちろん、店頭で販売している桃には試さないでくださいね!必ず購入してから自宅で桃のくぼみをチェックしてください。

 

桃は何日で腐る?傷む?賞味期限や味と見た目の見分け方を調査!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は桃は何日で腐る?傷む?賞味期限や味と見た目の見分け方について紹介してきました。

まとめは・・・

1、桃の賞味期限は常温保存で2~3日程度、熟れてから3日程。

2、桃は基本的に常温保存がおすすめ。

3、桃は冷蔵保存は×。冷凍保存は〇。桃は冷凍保存で最長1ヶ月OK。

4、桃が腐ると見た目は、桃から果肉が溶けて汁が出てきている、桃から臭いニオイがする、桃が全体的に茶色い、皮がしわしわ

5、桃の食べ頃は、桃のおしり部分がクリーム色で少し触ると柔らかい時が桃の食べごろ!

 

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

☆美味しさ保証!不味ければ全額返金! あらかわの桃 白鳳

 

 

気になる次の記事はこちら アクエリアスは何日で腐る?賞味期限や味の変化、保存方法を調査!