通年、お店で目にするレモンは唐揚げにかけて食べたり、紅茶に入れてレモンティーにする人は多いでしょう。

ですが、多くの場合は残ってしまいませんか?

買ってきたのは良いけど余ってしまったら次に使う予定が無いと腐らせてしまう事が多いと思います。

そこで今回は、レモンは何日で腐る?賞味期限と保存方法はこれ!について紹介していきます。

レモンの賞味期限は?腐るとどうなるの?

料理の彩りや味のアクセントにレモンを使う事があるけど丸ごと1個を使うことって無いですよね?

次に使う予定が無いと腐らせてしまうハメになります。

何とか使い切りたいけど、賞味期限の分からないレモンはいつ腐ってしまうのか分かりませんよね。

一体、どれくらいで腐ってしまうのか?レモンは腐るとどうなるのでしょうか?

レモンの賞味期限はどれぐらい?

お店で売ってる野菜や果物には賞味期限の記載がないのでいつまでに食べないといけないか分かりませんよね?

気付いたらパサパサになってたり置く場所によってはカビが生えていたりします。

レモンはどれくらいの賞味期限があるのでしょう?

 

賞味期限は保存状態によって違う?

野菜や果物などに期限の記載がされていないのは理由があります。

それは収穫時期やお店に並ぶまでの期間、保管している環境によって大きく差が出てくるからなんです。

それなら、もし同じ時期に収穫し店頭に並ぶまでの環境も同じならどうなのか?

それはレモンの保存状態で差が出てきます。

 

レモン丸々一個の保存の場合

購入してそのままの状態で1つずつ包んで野菜室で保存した場合は国産のレモンの賞味期限は約2週間程度です。

輸入物のレモンは賞味期限は3週間〜1ヶ月程度が目安になります。

これはどちらも乾燥を防ぐためにジップロックにいれたり1つずつ包んで保管した場合です。

野菜室では無くそのままの保存なら期限はもっと早くに賞味期限を迎えます。

レモン半分の場合

半分にカットしたレモンは、そのままのレモンと違い中身の果肉の部分が空気に触れるので賞味期限もグンと短くなります。

そのままのレモンの賞味期限が2週間くらいに対して、カットしたレモンの賞味期限は6日前後になります。

レモンををスライスした場合

スライスしたレモンは半分にカットしたレモンよりもさらに短くなります。

両面が空気に触れやすいスライスは約1日程度で変色し痛みが進んできます。

 

レモンは腐ってしまうとどうなるのか?

では、レモンが腐ってしまったらどうなるのか?

実際には腐っていても、腐った状態を見たことがないと分からないものです。

レモンが腐るとどの様な状態になってしまうのでしょうか?

 

・白カビが目立ち始める!

・異臭がしてくる!

・カットしたら果肉が茶色い!

 

この様な状態になったら腐っていると判断できます。

そこまでになるには余程の期間が無いとなりませんので、1つの目安として覚えておきましょう。

レモンが腐る前に上手に保存しよう!おすすめの保存方法は?

せっかくレモンを買ってきたので少しでも長く保存をしたいと誰もが考えると思います。

でも、保存の方法が分からないと長くは保存できません。

レモンの保存方法としておすすめ出来るのは、大きく2つに分けられます。

 

1、野菜室での保存

2、冷凍して保存

 

レモンの保存に適した温度は6〜9度くらいと言われ野菜室が適した環境とされてます。

ですが、レモンの保存の仕方によって、状態が変わってきます。

レモンを冷凍保存をする場合は、良く洗ってしっかり表面の水分を拭き取ってからになります。

水分を拭き取りなるべく空気に触れないようにレモンの袋の中の空気を抜いて保存します。

他にはレモンを漬けて保存する方法もあります。

 

知られている所ではレモンの塩漬けやハチミツ・砂糖などで甘く漬ける方法です。

作り方は簡単で容器は煮沸消毒をし、そこにレモンを入れ、しっかり浸かるまでハチミツ(砂糖)を入れたら数日間は冷蔵庫に入れます。

毎日、振ってあげる事で全体に混ざり合うので早くにレモンが浸かります。

レモンはどれぐらいで腐る?

レモンには賞味期限が記載されていませんが、腐るまでの期間はどれくらいなのでしょうか?

もちろん環境や扱い方によっても違いますが、一定の条件と仮定した場合の腐るまでの期間の目安を調べてみました。

※ そのままの状態でのレモンが腐るまでの期間

国産レモンで約2週間で輸入物だと1ヶ月を過ぎてくると腐り始まります。

※ カットした時のレモンが腐るまでの期間

半分のカットしたレモンで4〜5日程度、スライスは1〜2日ほどで味も落ち乾燥が始まり腐り始めていきます。

※ レモンを漬けた時の腐るまでの期間

目安としては砂糖やハチミツで漬けたレモンは2週間程度は保存が可能です。

徐々に風味が落ちていき味が変わっていきますので変化が感じられた時は腐り始めと言っても良いでしょう。

レモンは何日で腐る?賞味期限とおすすめの保存方法はこれ!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、レモンは何日で腐る?賞味期限とおすすめの保存方法はこれ!について紹介をしました。

賞味期限についての簡単なまとめは・・・

※ レモンの状態によって違う
※ そのままとカットしたレモンでも期限は変わる
※ レモンが腐ると異臭や変色が見られる!
※ レモンの保存は冷凍か野菜室がおすすめ!
※ レモンの賞味期限はカットしたものは2〜5日が目安!
※ そのままのレモンの賞味期限は2週間が目安!

料理の彩りや味のアクセントにレモンを使うことがありますが余って使う予定がないなら早めに保存をしてしまいましょう。

カットしてしまったら空気に触れる面積も増えるので出来るだけ早めに使うことをおすすめします♪