旅行や仕事の出張で飛行機を利用するという人は多いと思います。

天候によっては自分の乗る飛行機が欠航にならないか心配になることもありますよね。

そこで今回は、飛行機の欠航はいつ頃わかるの?最新情報を知る方法を実際に調査してみた!について紹介していきます。

飛行機の欠航はいつわかる?実際に調査してみた!

台風や大雪などで飛行機が欠航になったというニュースをしばしば目にすることがありますよね。

乗るはずの飛行機に乗れず、空港で一晩過ごしたというのもよく聞く話です。

あらかじめ飛行機が欠航になることがわかっていれば対処の仕方もあると思うのですが…。

そもそも飛行機の欠航というのはいつ頃決まるものなのでしょうか。

今回、飛行機の欠航がいつ頃決まるのか、実際に調査してみました!

航空券販売サイトに飛行機の欠航がいつ決まるか、聞いた結果

航空券販売のサイトによると、飛行機の欠航をいつ決めかには、明確な基準はないとのこと。

飛行機が欠航するかどうかの判断は、基本的にパイロットに委ねられています。

というのも飛行機は離着陸時の横風に非常に弱く、天気図などより各現場での判断が優先されるためです。

また、飛行機の機体の大きさによって、その天候で飛べる飛べないの判断が異なるのもはっきりした基準のない理由のひとつと言えます。

では実際に航空会社は飛行機の欠航が決まるのがいつか、どのように考えているのでしょうか?

ANAに実際に聞いてみた結果!

ANAによると

「飛行機の遅延や欠航は状況により変化をいたしますので、ご出発直前に確定することが多くなりますが、台風などの天候に見通しがつく場合には早めに確定をする場合もございます」

とのこと。

JALにも飛行機の欠航がいつ決まるか実際に聞いてみた結果!

一方JALはというと

「飛行機の欠航が分かるタイミングはいつか、決まっておらず、状況により変化するため出発間際に決まることもあります。

台風などの天候に見通しがつく場合には、できる限り早いタイミングで決定してご案内するように努めております。」

との回答。

どちらの大手航空会社にも飛行機の欠航がいつ頃決まるかの対応としては、明確な基準がなく、ほぼ同じと言えますね。

飛行機が欠航した時の対処法は?

では、もしも乗るはずの飛行機が欠航になってしまったら私たちはどうすれば良いのでしょうか?

その飛行機欠航の時の対処法を詳しく見ていきましょう。

基本的に飛行機の欠航時の対応は2つ。

「返金」もしくは「振替」です。

①返金の場合

飛行機の欠航が決まれば、航空券料金は返ってきますがもちろん飛行機に乗ることはできません。

また、別の方法で目的地に向かう必要があります。

②振替の場合

飛行機の欠航が不可抗力だった場合と飛行機の欠航の理由が会社都合だった場合で対応が多少異なります。

不可抗力での欠航の場合

まずは飛行機の欠航が台風や自然災害など、「不可抗力」の原因によるものだった場合。

こういった場合の各航空会社の対応は、乗る予定だった航空会社の後日便への振り替えが基本となります。

つまりANAの欠航便をJAL便へ振り替えることはできないということです。

 

また、天候次第ではありますが、翌日以降の飛行機の予約に予定を変更する必要が出てきます。

ちなみに、翌日便変更になったとしても宿泊施設や食事などのサービスは基本的に行われていないのでご注意くださいね。そこは自己負担になります。

航空会社都合の場合

一方、飛行機の欠航の原因が機材の故障やシステムの不具合などの「航空会社の会社都合」だった場合。

この場合は他社への飛行機の予約の振り替えも可能で、当日のうちに目的地へ向かうことが可能な場合もあります。

ただし、振替便は従来の大手航空会社に限られ、一部のLCCなど格安航空会社には対応していないため要注意ですよ。

飛行機の欠航を最短で知る方法は?

JALの場合

各航空会社では、飛行機の遅延や欠航の情報を随時公式HPで案内しています。

JALは「LAL Webサイト」の発着情報検索で予約前日から、飛行機の運行状況を確認することが可能です。

さらにJALのコールセンターでも同様に飛行機の運行状況の案内をしています。

JALでは、飛行機の予約時にメールアドレスを登録しておけば、リアルタイムで飛行機の欠航情報を知らせてくれるサービスもあります。

こちらも活用すると便利ですよね。

ANAの場合

一方、ANAは「ANA SKY WEB運行状況のご案内」またはANA予約センターから、24時間飛行機の欠航や運行状況の確認が可能です。

さらにANAのツイッターの公式アカウントから運行の見通し情報を発信しています。

このように飛行機の欠航か?などの最新情報は、各航空会社の公式HPやTwitterの公式アカウントを確認するのが最速で確実なので、おすすめです。

飛行機の欠航はいつ頃わかるの?最新情報を知る方法を実際に調査してみた!まとめ

いかがでしたでしょうか。

飛行機がいつ欠航になるのことが分かるのか?欠航時の状況や、対処法について紹介しました。

まとめると・・・

・航空券販売のサイトによると、欠航を決めるのに明確な基準はなく、飛行機が欠航するかどうかの判断は、基本的にパイロットに委ねられているとのこと。

・ANAによると、飛行機の遅延や欠航は出発直前に確定することが多くなり、台風などの天候に見通しがつく場合には早めに確定をする場合もある。

・JALによると、状況により変化するため欠航は飛行機の出発間際に決まることもあり、台風などの天候に見通しがつく場合には、できる限り早いタイミングで決定するとのこと。

・飛行機の欠航時の対応は「返金」もしくは「振替」の2つ。返金の場合は、料金は返ってきますがもちろん飛行機に乗ることはできません。

振替の場合は、飛行機の欠航が台風や自然災害など、「不可抗力」の原因によるものだった場合に各航空会社が対応してくれます。

また、飛行機の欠航の原因が機材の故障やシステムの不具合などの「会社都合」だった場合は、他社への振り替えも可能で、当日のうちに目的地へ向かうことが出来ます。

・飛行機の欠航を最短で知る方法はとして、飛行機の欠航などの最新情報は、各航空会社の公式HPやTwitter公式アカウントを確認するのが確実でおすすめです。

こういった場合の各航空会社の対応は、乗る予定だった航空会社の後日便への振り替えが基本天候などが原因でどうにもならない場合もありますが、なるべく早く情報を受け取ってうまく対応してくださいね。

これらの情報があなたのお役に合ってれば幸いです。

気になる次の記事は、飛行機の台風での欠航はいつ頃決まる?どこで調べればいい?はこちら!

飛行機の台風での欠航はいつ頃決まる?どこで調べればいい?