羽村市動物公園は東京都羽村市にある動物公園です。

1978年の開園で日本で初めての町営動物園で今年で40周年を迎え非常に親しみを感じさせてくれるアットホームな雰囲気の動物園です。

そこで今回は、気になる羽村市動物公園の入園料金は?アクセスは?について紹介していきます。

羽村市動物公園の入園料金は?

羽村市動物公園には午前6時から午前8時の早朝入園があり、この場合は料金が無料で動物エリアへは入れず駐車場の利用ができません。

一般的な営業時間は3月から10月までが午前9時から午後16時30分で11月から2月までが午前9時から午後16時です。

羽村市動物公園の休園日

羽村市動物公園の休園日は毎週月曜日で祝日の場合は開園しています。

基本的に年末年始の12月29日から1月1日も休園日ですが臨時開園の場合もあります。

羽村市動物公園の入園料金は早朝開園を除き4歳未満が無料で4歳から中学生までの15歳が50円15歳以上65歳未満が300円で65歳以上75歳未満が100円、75歳以上は無料です。

65歳以上の入園者の方は年齢が証明できる証明書が必要です。

羽村市動物公園へのアクセス

羽村市動物公園への交通アクセスはJR青梅線の羽村駅が最寄りの駅でそこから徒歩20分です羽村駅東口からバスが出ているため長岡循環行か箱根ヶ崎駅西口行のバスがアクセス便利です。

動物園の正門をはいるとすぐにレッサーパンダが来園者を迎えてくれます。

これは羽村市動物公園ではウエルカムレッサーパンダと言われていて非常に可愛らしいと親しまれアイドル的な存在です。

レッサーパンダのほかにもあらゆる動物がいますがヤギやきりん、みにブタやだちょう、しまうま、ペリカン、オリックス、鶴、ひよこやモルモット、さらにはうさぎやイグアナなどが飼育されています。

イベントではやぎと豚のえさやりやえさやりツアー、そしてモルモットやひよこと直に触れ合うことができるどきどきハンズオンなどが人気です。

羽村市動物公園ではその日に出かけるための服装指数というものがあり、その日の天候などに応じてもっとも相応しい服装をWEB上のホームページなどでも掲載していてこれはユニークなサービスのひとつです。

まとめ

いかがでしてでしょうか。

今回は、羽村市動物公園の入園料金は?アクセスは?について紹介してきました。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。