ここ数年の台風や気象状況の変化で、飛行機や各種交通機関の遅延、計画運休等、日常生活における国民への影響が年々増していますよね?

乗るはずの飛行機が台風で欠航となり、空港で一夜を過ごすのは避けたいものです。

そのためにも、飛行機が台風によって欠航となるときの判断基準や、そのような時の調べ方はぜひ知っておきましょう。

そこで今回は、飛行機の台風での欠航はいつ頃決まる?どこで調べればいい?についてまとめていきます。

出張や旅行等を計画されている方の参考になればと思います。

飛行機の台風での欠航はいつ頃決まる?

さて、気になる飛行機の台風による欠航の決まり方(判断基準)ですが、実は明確な基準がないそうです(基準を知っておきましょう!と言いながらスミマセン・・・)。

これはどういうことかというと、飛行機の欠航は現場の状況や航空会社の本音が絡んできます。

いくら天気図や天気予報で飛行機が飛べそうな状況であったとしても、最終的には現場の状況が優先されます。

なぜなら、飛行機は離着陸の際の横風が非常に脅威となるので、お昼に飛び立つ飛行機があったとしても、その数時間前に横風が強くなってきた場合には欠航となるケースがよくあります。

また、濃霧が出ていても天気図上では分かりにくいので、そのような場合も発進数時間前に飛行機の欠航が決まったりもします。

それに加え、近年の台風は直前にならなければ離着陸に与える影響が読めにくく、飛行機が欠航となればその後の対処に大変な労力を要するため、なるべくギリギリで判断を下したいという航空会社の本音もあります。

このように飛行機の欠航の決め方のため、〇〇会社の飛行機は飛んでいるのに△△会社の飛行機は飛んでいない、また横風が飛行機に与える影響の違いも出るため、飛行機の大きさによっても飛べる、飛べないが出てきます。

結論を言うと、欠航の決まり方は現場の判断が最優先されるため、明確な判断基準はなく、発進数時間前に欠航が決まることもあるのが現状です。

飛行機が台風で欠航による補償はある?

では、そんな急な飛行機の欠航になることも多い台風での欠航に対して、各航空会社は何らかの補償を打ち出しているのでしょうか。

国内の航空会社はANAとJALの大手航空会社、スカイマークなどの振興航空会社、各低コスト航空会社(LCC)に大別されていますが、悪天候の対応などもこのような分類で概ね分かれています。

詳細は各航空会社に問い合わせてみるのが一番ではありますが、主な特徴のみまとめてみました!

大手の航空会社JALやANAの場合の台風での欠航の補償は?

①便の振替可能

手数料不要、手続きは自分でやる必要があるものの、電話、インターネットでの作業がOKと、空港に出向く必要はないので便利!

②運賃の払い戻しあり(マイルを使用していた場合、返還あり)

これもさすが大手航空会社の安心感。

③欠航や遅延により宿泊が必要となった場合の費用は自己負担

残念ながら、宿泊は自己負担でした。

以上のような補償があります。

また、振興航空会社も同じような補償をしてくれます。

注意しなければならないのが、低コスト航空会社(LCC)です。

LCC各社の場合の台風での欠航の補償は?

①便の振替可能(ただし自社便限定)

航空運賃が格安でも、便の振り替えは可能はうれしいですね。

②運賃の払い戻しあり(ただし数時間単位の大幅な遅延限定)

適用されるケースの詳細を各航空会社へ確認してください。

③欠航や遅延により宿泊が必要となった場合の費用は自己負担

LCCは基本的に便数が少ないので、このようなことになる確率も高いですが、sこは自己負担です。

 

以上のような補償があります。

表面上、同じような補償がありますが、中身の手厚さが異なるので注意が必要です。

 

台風で飛行機の欠航が予想される場合の調べ方、対処法とは?

わざわざ空港に出向く必要はなく、電話(コールセンター)での問い合わせが最も早いです。

次の調べる手段としては、航空会社は天候の影響を受けそうな便については、その便を「天候調査中」というカテゴリーに指定することがあります。

天候が怪しいな、という時はインターネットで「天候調査中」の便を調べてみましょう。

最後に、ニュースやラジオ、新聞での確認もできますが、欠航決定後からの間もありますので急ぎの場合はオススメできません。

 

また、大切な出張や旅行時の飛行機欠航による急な宿泊への備え、対処法としては、クレジットカードに付帯させることができる「航空機遅延補償付きの保険」に入る方法もあります。

いずれにしても、天候が気になる時には早めに情報を集め、また欠航となった時にはどのように行動するのかということも、あらかじめ考えておくと良いでしょう。

飛行機の台風での欠航はいつ頃決まる?どこで調べればいい?まとめ

最初の方にも述べましたが、残念ながら明確な欠航の判断基準がないのが現状です。

そのため、欠航になりそうな時は情報を得る手段の確認や、欠航となった場合の補償についても確認しておき、対応が後手後手にならないように備えておきたいものですね。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。