横浜スタジアム通称ハマスタはプロ野球横浜DeNAベイスターズのホームグラウンドとして有名です。

しかし、横浜スタジアムはそのキャパを活かして音楽ライブやイベントなど多方面で利用されています。

今回は横浜スタジアムに喫煙所ある?ロッカーと座席表と見え方の調査結果はこちらについて紹介していきます。

次の記事はこちら ヤフオクドーム喫煙所どこ?ロッカーある?手荷物検査から再入場の調査結果まとめ

横浜スタジアムに喫煙所ある?

横浜スタジアムに喫煙所はあります。

近年健康増進法の影響であらゆる施設、スタジアムでも喫煙所が姿を消して全面禁煙化が進んでいます。

もちろん横浜スタジアムもスタンド内は全面禁煙ですが、横浜スタジアムには分煙の喫煙所があります。

横浜スタジアムの喫煙所はこちらのマップが参考になります。

横浜スタジアムの喫煙所は4ヶ所あります。

①2階 ベイサイドカウンター付近

2番、3番ゲート10番通路付近にあります。

②2階

4番、5番ゲート16番通路付近にあります。

③2階

7番ゲート26番通路付近にあります。

④2階

2番、3番ゲート10番通路付近にあります。

初めて横浜スタジアムに来る方は、喫煙所やトイレ位置が気になりますね?

こちらで事前に場所を確認できれば当時慌てることもありません。

こちらのマップを活用してくださいね。

横浜スタジアムにロッカーある?

横浜スタジアムに残念ながらコインロッカー、手荷物の預かり所がありません。

例外としてベビーカーは一時預かりが可能です。詳しくは入り口のスタッフに聞いてみると、ベビーカーの保管場所、帰りの受取の仕方を教えてくれます。

その他の荷物は荷物が小さい場合は、各座席に自己責任で管理する必要があります。

その為、荷物が多い時は横浜スタジアム周辺のコインロッカーを利用すると便利です。

ここでは横浜スタジアム周辺のコインロッカー4つを紹介していきますね。

①関内駅周辺 横浜市役所横

こちら20個ほどのコインロッカーがあります。

24時間利用可能でコインロッカーのサイズは3種類 あり、利用料金は200円、300円、500円です。

②関内駅南口、駅構内のコインロッカー

横浜スタジアムの最寄り駅である関内駅構内にコインロッカーがあります。

改札に向かう途中の右手にあるので1番人気のコインロッカーです。

こちらのコインロッカーの数は40個以上ありますが、イベントや野球の試合の前は確認が難しいかもしれません。

利用料金は400円と500円の2種類です。

③関内駅北口の駅構内のコインロッカー

北口の改札を出てすぐにあります。

30個以上あります。

こちらのロッカーは新しくスイカなど現金以外が使えることが特徴です。

利用料金は400円から600円です。

④地下鉄関内駅前のコインロッカー

最後に地下鉄関内駅前のコインロッカーがあります。

こちらは数が100個近くある事と、コインロッカーのサイズも5種類ほどある事が特徴です。

利用料金は300円から700円とコインロッカーのサイズによってことなります。

横浜スタジアム座席からの見え方

横浜スタジアムはグラウンドに向かってすり鉢状に傾斜があるのでどの座席からも、グラウンドが見やすくなっています。

しかし、本当に見やすい、おすすめの座席としては、内野指定の20段から25段です。

内野の前例などがチケット代としても高額になってきますが、内野の前の方に行くとグラウンドへの傾斜が緩くなるからです。

傾斜がゆるくなればなるほど、グラウンドまでの距離が近くなり迫力がまします。

しかし、それに反して肝心なグラウンドの見え方としては前の席の人影の影響が大きくなるので個人的には内野の前例はおすすめできません。

横浜スタジアムのグラウンドが見やすい、おすすめの座席は内野の中段の指定席です。

横浜スタジアムに喫煙所ある?ロッカーと座席表と見え方の調査結果はこちら

いかがでしたでしょうか。

今回は、横浜スタジアムに横浜スタジアムに喫煙所ある?ロッカーと座席表と見え方の調査結果について紹介してきました。

横浜スタジアムの喫煙所は4ヶ所あるので心配入りませんよね。

横浜スタジアムにコインロッカーないので、周辺のコインロッカーを使うと便利です。

イベント、ライブ、野球の試合など混雑する時は早めにに最寄り駅で関内駅に着いて、コインロッカーの確保をおすすめします。

また、横浜スタジアムの座席からの見え方や見やすいおすすめの座席は内野指定の20段以上です。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

次の記事はこちら ヤフオクドーム喫煙所どこ?ロッカーある?手荷物検査から再入場の調査結果まとめ