menntuyu2

めんつゆは文字通りうどんや蕎麦等の麺類の「つゆ」として利用する以外でも、いろいろな料理の味付けに使える優れた万能調味料ですよね。

このような便利な調味料は家に切らさずにおいて置きたいアイテムですが、1人暮らしなど少人数世帯の場合、めんつゆを開封後に賞味期限までに全部使いきれない場合もありますよね。

そこで今回はめんつゆがどれぐらいで腐るのか?その原因とそのめんつゆが腐るとどうなるか?見分け方を説明していきます。

次の記事 ゆで卵はどれぐらいで腐る?原因は?味やニオイでの見分け方は?はこちら

めんつゆは腐る?腐るとどうなる?

menntuyu
便利な「めんつゆ」を家庭で常備しているという人は沢山いるのではないでしょうか。

しかし、気が付くとこの「めんつゆ」はいつ開封したのか?

うっかり忘れていて、果たしてまだ調味料として使えるのか、それとも腐ってしまったのかという判断に困る人も少なくはないようです。

では、めんつゆはどれぐらいで腐ってしまうのでしょうか。

また、めんつゆは腐るとどうなってしまうのでしぃうか。

 

もちろん、めんつゆと一言で言っても濃度の違いや保存料が入っているかどうかにもよりますが、大きく分けて以下の3種類のパターンがあります。

①めんつゆストレ-トタイプの場合・・・開栓してからの使用目安は3日間

②めんつゆ2倍濃縮タイプの場合・・・約2週間

③それ以上のめんつゆ濃縮タイプ・・・1カ月から2カ月

いかがでしょうか。

こちらの期間が美味しく食べれる目安です。

めんつゆストレートの場合は保存料などが入ってないタイプが多いので、賞味期限が非常に短くなっているので、ほぼ使い切りのイメージです。

その他、濃縮タイプのめんつゆは調味料として複数回使う前提の為ある程度保存料が入っていたり、加熱しているので賞味期限もめんつゆストレートタイプに比べて長くなっています。

本体のめんつゆとして、麺類で頂くのであればストレートですが、調味料としても考えているのであれば、めんつゆ濃縮タイプが使いやすいですね♪

めんつゆが腐ってしまうとニオイが変化します。

見た目も濁ったような色になります。

めんつゆが腐る原因は?

めんつゆが腐る原因としては、めんつゆ自体は本来糖度があり腐りにくくなっています。

その為、めんつゆが腐る原因としては何かが混入した場合が考えられます。

糖分があるめんつゆが腐る一番の原因は、やはり水分が大敵です。

めんつゆの開封後に水分と一緒に微生物が少しでも入り込んでしまうと繁殖し、めんつゆを一気に発酵させて腐らせてしまいます。

そのためめんつゆは開栓後は密閉し、微生物が活発にならないように低温の冷蔵庫に保管しなるべく早く消費することが大切です。

menntuyu3

めんつゆ腐ってる?腐るとおうなる?その見分け方とは?

めんつゆが腐ってしまったかどうかは味で見分けることができます。

めんつゆを少し舐めてみて酸っぱくなっている場合はキケンなので使用するのをやめましょう。

 

この酸っぱさの原因はめんつゆが腐って、発酵が進んでしまった証拠です。

その他のめんつゆ腐っている見分け方として、味見をするまでもなく栓を開けた際に「プシュッ」という炭酸の瓶を開けた時のような音がしたら、これは中で発酵しているというサインです。

 

特に保存剤を使用していないめんつゆに関しては、使用する前に十分に注意書きを読んでそれに従って利用することをおすすめします。

めんつゆを美味しくいただくためには、賞味期限を守って蓋を開けたらすぐに冷蔵庫に入れるようにしてください。

めんつゆの保存には、用途に合わせたサイズの瓶のものを上手に使えば期限切れになるリスクも減ると思いますよ♪

menntuyu5

めんつゆの保存方法は?

めんつゆの保存場所は開封前は冷暗所の常温で保存可能です。

しかし、めんつゆは開封後は冷蔵庫に入れるのがいいですが、もう1つ便利な使い方があります。

それは、冷凍です。

めんつゆを冷凍のする場合は、氷を作る製氷皿の中にめんつゆを入れておのまま凍らせてしまうのです。

めんつゆのキューブ氷の完成です。

 

この方法であれば、料理をする際に1つ、2つと鍋に入れたりして味付けをするのに、軽量の手間もなく、スプーンを汚すこともなく簡単にめんつよが使えて便利です。

何よりめんつゆを冷凍しておけば上記の賞味期限よりもぐっと伸びて、3カ月程度は美味しく食べることができますよ。

 

夏場の麺類のつゆで氷上のめんつゆに水を注いでめんつゆを溶かしながら食べるのも、おすすめです♪

ぜひ、コレからも万能調味料としてのめんつゆを活用しましょう。

めんつゆはどれぐらいで腐る?腐るとどうなる?原因は?味やニオイでの見分け方まとめ

今回は、めんつゆはどれぐらいで腐る?原因は?味やニオイでの見分け方は?につて説明してきました。

まとめると・・・

めんつゆはタイプによって腐るまでの時間、賞味期限が違います。

・めんつゆストレ-トタイプの場合は開栓してから3日間ほど。

・2倍濃縮タイプのめんつゆ場合は約2週間。

・2倍以上のめんつゆ濃縮タイプは約1カ月から2カ月が目安です。

めんつゆの濃縮によって腐りにくさに差がでてきます。

 

また、めんつゆが腐ってしまったかの見分け方として、味が酸っぱくなったり、見た目が濁ったり、めんつゆの栓を開封した際に発酵しているよな膨張やガスが入っているような音がした場合は要注意です。

もちろん、めんつゆの保存状態や賞味期限もチェックしてみてくださいね。

 

間違っても昨年の夏のめんつゆを今年の夏も使おうという事はどんなに保存状態が良くてもしない方が賢明です。

保存状態がどんなによくても開封後のめんつゆは腐っている可能性大ですよ。

 

この情報が少しでもあなたのお役に立てば幸いです。

次の記事 ゆで卵はどれぐらいで腐る?原因は?味やニオイでの見分け方は?はこちら