横須賀芸術劇場は神奈川県横須賀市にある市立の文化施設のひとつです。

現在は指定管理者制度を導入していることから、設置主体は横須賀市ですが、実際に管理運営をしているのは公益財団法人の横須賀芸術文化財団です。

横須賀芸術劇場は戦後日本ジャズ発祥の地ともいわれるアメリカ海軍の兵員クラブの跡地を利用したもので、1994年2月にオープンしました。

こうした経緯から芸術とにぎわいの拠点として成長することが期待されており、内部のホールもオペラハウス仕様の大劇場と可動式の床をもち多目的に利用が可能な小劇場の異なる個性をもつ空間から成り立っています。

そこで今回は、横須賀芸術劇場キャパ、最寄り駅、アクセス情報まとめ!について紹介しておきます。

横須賀芸術劇場キャパ、収容人数はどれぐらい?

大劇場のキャパ、収容人数は1階から5階までをすべて合わせて1,806席、小劇場は1階と2階を合わせて574席ですが、小劇場に関しては座席を収納するなどしてスペースを工夫することができますので、個別のイベントごとの定員とはかならずしも一致しませんので注意が必要です。

横須賀芸術劇場の最寄り駅、アクセス情報

横須賀芸術劇場へのアクセス手段には電車とマイカーが想定されます。

電車でのアクセス

電車の場合は最寄り駅汐入駅となりますので、品川駅からは京急本線で50分、羽田空港駅からは京急空港線で京急蒲田駅で京急本線に乗り換えて60分、新横浜駅からは横浜市営地下鉄で上大岡駅に出て、そこから京急本線に乗り換えて50分ほどとなります。

最寄り駅の汐入駅からは公式には徒歩3分の距離となっていますが、北口を降りると目の前にある建物ですので、ほぼ道に迷うこともありません。

JRでのアクセス

JRを利用したい場合には大船駅から横須賀線に乗り横浜駅までは30分ほどですが、ここから国道16号横須賀街道を道なりに東方向に進んで徒歩で8分ほどかかります。

車でのアクセス

車でのアクセスは、横浜横須賀道路の横須賀IC から本町山中有料道路出口を降りて6分で到着できます。

また、気になる駐車場情報ですが、車での来場の場合は、劇場の地下1、2階にある有料駐車場があります。

 

座席情報と見え方

メインの大劇場はオペラハウス仕様で馬蹄形をしているため座席の選択によってはかなり見え方に差が出ます。

1階部分は座席数が多く、比較的平坦な形状になっていますが、2階部分は1階部分と地続きになった後ろの方にとなりますので、場所によってはステージの見通しが良くない場合があります。

3階から5階については座席数はそれほど多くはありませんが、高さが確保できますのでステージを上から俯瞰して眺めることができる点では、かえって2階席などよりも見やすくなっています。

なお3階から5階部分は会場が馬蹄形ということもあり、正面だけではなく左右にそれぞれ座席が設けられていますので、場所によってはステージと相対するときの角度が急になり、みにくくなっている点には注意すべきでしょう。

横須賀芸術劇場 基本情報

地図

住所:神奈川県横須賀市本町3-27

交通アクセス:京浜急行汐入駅から徒歩1分、「JR横須賀駅」から徒歩8分

駐車場:有料あり 239台 利用時間:8時00分~22時00分は30分200円

TEL:046-828-1602

横須賀芸術劇場の公式ホームページはこちら

 

周辺情報

横須賀芸術劇場の周辺情報としては、最寄り駅の汐入駅の駅前にはコンビニがあるので、飲み物などの買い物ができて便利です。

また、開場の目の前にはイオン横須賀店があるので、公演の前後のレストランで食事やカフェタイムも出来る場所も多く、時間を調整しやすい立地です。

 

横須賀芸術劇場キャパ、最寄り駅、アクセス情報まとめ!

いかがでしたでしょうか。

今回は、横須賀芸術劇場キャパ、最寄り駅、アクセス情報まとめ!について紹介してきました。

横須賀芸術劇場のキャパは約2,000座席と横須賀市内で最大級の会場。

毎年、神奈川県吹奏楽コンクールの会場として使用されており、オペラ、コンサートが日々開催されています。

本格的な会場の設備、音響、座席の造りが有名です。

最寄り駅は、浜急行汐入駅

横須賀芸術劇場が駅1分あり、JR横須賀駅から8分とアクセスもしやすい好立地です、

ぜひ、この機会に横須賀劇場に足を運んで見てはいかがでしょうか。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。