秋の味覚と言えばたくさんありますが甘い甘い・・・さつまいも!やきいも、そして・・・ヘルシーなイメージがある保存食である干し芋ですよね。

しかし、美味しい干し芋も食べ過ぎると注意が必要です。

そこで今回は、干し芋は食べ過ぎると一気に太る!?要注意!について紹介していきます。

干し芋は食べ過ぎると一気に太る!?要注意!

干し芋は甘くて意外にも高カロリーで、100グラムあたりで大体300キロカロリー前後あるので、食べ過ぎると一気に太る食べ物です。

そう聞くと、干し芋を食べると太るイメージを受けますが、歯応えがあって硬い食べ物のため、よく噛んで食べるので、実際は一気に食べる事は出来無いです。

ダイエットの時によくご飯を噛んでゆっくり食べた方が満腹を感じやすいのでよい!と言いますが、それと同じようにゆっくり噛んで食べているうちに満腹中枢が満たされて、ほんの少量の干し芋で満腹感を得られます。

また干し芋の栄養価は高く、デトックス効果が高く余分なナトリウムを排出してむくみを改善させるカリウムや、貧血になりやすい女性には有難い鉄分や、便秘解消に高い効果がある食物繊維も大変豊富に含んでます。

さらに食べる順番ダイエットでも干し芋が一番先に食べる食べ物として推奨されているように、血糖値の上昇も緩やかなので実はかなり高いダイエット効果もあります。

干し芋は食べ過ぎると一気に太る?ダイエット効果は?

上記で説明したように干し芋には、高いダイエット効果が期待できますが、過剰に食べればそれだけカロリー数も大幅にアップするので一気に太る可能性は高いです。

それ以外にも食べ過ぎると食物繊維も過剰に摂取する事で、腹痛や下痢を起こす可能性も大幅にアップします。

但し干し芋には食物繊維以外ヤラピンという胃の粘膜を保護したり、腸の動きをよくする物質も含まれていて、適量ならば下痢にならないで便秘改善に効果的な食品です。

干し芋の糖質量は、100グラムあたり約66グラムで、干して凝縮されているだけあって生のサツマイモより高いです。

しかし、干し芋のGI値は55白米の88食パンの95に比べればかなり低く、このGI値が低いほど血糖値が緩やかに上昇するため、食べても血糖値が上がりにくいです。

もちろん、いくらGI値が低くてダイエットに適した食品であっても、食べ過ぎれば摂取する糖質の総量も大幅に増加してしまうので、ゆっくりと血糖値が上がったとしても食べ過ぎるほど一気に食べれば太ってしまう可能性が高いので注意は必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、干し芋は食べ過ぎると一気に太る!?要注意!について紹介してきました。

干し芋は、秋の味覚でもあり、甘くておいしくて食物繊維も栄養もあるので、ついついたくさん食べてしまいます。

そのため、やはり一気に食べると太る可能性があるので注意が必要です。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。