関東でも最大級の多目的アリーナである、埼玉スーパーアリーナは他の会場とは異なり、席の場所を「階」ではなく「レベル」で呼ぶという特徴があります。

そこで今回は、埼玉スーパーアリーナの400レベルってどこ?について紹介していきます。

埼玉スーパーアリーナの400レベルってどこ?

埼玉スーパーアリーナのアリーナモードの場合はアリーナ・200・300・400・500の5種類があります。

このうち200レベルがいわゆる1階スタンド席にあたり、400レベルが2階スタンド席に該当します。

この中間の300レベルやさらに上の500レベルも存在しますが、これらはバルコニーのようになっていて、席数も非常に少ないのが特徴です。

また、アリーナモードには「エンドステージ1」「エンドステージ2」「センターステージ」の3つのパターンが用意されていますが、コンサートの際にはエンドステージ1かエンドステージ2のどちらかが使用されることが多くなっています。

埼玉スーパーアリーナの200レベルの座席の特徴

埼玉スーパーアリーナの200レベルの座席は、アリーナ席をぐるっと囲むような構造となっていて、座席の数が一番多いのが特徴です。

座った席によってはステージも近くなるので、近くで見たい場合はこの席が良いでしょう。

ステージを正面に捉えた場合には右手と左手の席の見易さが抜群で、他の位置は見えにくいというわけではありませんが、少し遠くなってしまうので注意が必要です。

ただし、最前列と最後列では見える景色が全くの別物と言っていいほど違います。

200と400の中間に位置する300では、ステージから最も遠い位置になってしまうのですが、全て座ったまま見ることが出来る為、のんびり座って楽しみたい人にはおすすめできます。

そして、400レベルは埼玉スーパーアリーナの4階部分になります。

ステージから少し距離があるので見にくいと思われるかもしれませんが、それは間違いです。

傾斜があるので座る位置によっては非常に良好な眺めとなるのです。

さらに、普通の席とVIP席が用意されているのも400レベルだけの特徴です。

このように埼玉スーパーアリーナには席によって特徴が異なるので、どこが良いかは断言できません。一人ひとりがどのようにイベントを楽しみたいかによってベストな席も異なります。そのため、それぞれの席の特徴をよく理解して席を選ぶことが大切ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、埼玉スーパーアリーナの400レベルってどこ?について紹介してきました。

埼玉スーパーアリーナの400レベルは2階に相当するので、見え方のバランスがいい座席です。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

 

➡埼玉スーパーアリーナの200レベルってどこ?はこちら

https://sheeptg.com/5117.html