oosakajyo

大阪城ホールのキャパは、関西では最大級の収容人数を誇るアリーナ会場で、最大収容人数は16,000人です。

人気、有名アーティストがアリーナツアーを行う際、関西では大阪城ホールで公演を行うことが非常に多いです。

そこで今回は、大阪城ホールのキャパ、収容人数はどれぐらい?おすすめの座席は?についても紹介していきます。

 

気になる、大阪城ホール南玄関はどこ?最寄駅からの行き方は?はこちら

 

 

大阪城ホールのキャパ、座席情報

座席には、一般的なアリーナ会場と同様にアリーナ席スタンド席があります。

アリーナ席は地上に座席を設置した席、スタンド席は備え付けの席となります。

スタンド席はAからNまでのブロックに分かれており、それぞれ22列まであります。

AブロックとNブロックの間にはBOX席が設けられており、招待客がいる場合はそちらを利用することが多いです。

 

raibu3

人気公演だとスタンド席の後ろに立ち見席が作られることもあります。

大阪城ホールのステージパターン

アリーナ席の配置はアーティストや公演によって変わります。

収容人数が最大となるステージパターンCだと、4500人のアリーナ席が設けられます。

スタンド席の収容人数は、最もゆとりのあるステージパターンAで3700人、最もキャパを広く使うステージパターンCで9000人と、ステージ構成によって大きく異なります。

大阪城ホールおすすめの座席は?

ステージパターンや目的によっておすすめの座席は変化しますが、センターステージを設けるステージパターンCの場合だと、招待客の座るBOX席を向いてパフォーマンスすることが多いので、BOX席またはAブロックやNブロックに座るとアーティストを正面から見る事が出来ます。

一般的なライブで使われるステージパターンBでは、メインステージがKブロック側に設置されることが多いです。

この場合、距離は遠くてもアーティストや演出を正面から見たいと思えば丁度対面に位置するC、D、Eブロック、逆に少しでも距離が近い方がいい場合には、ステージ近くのブロックがおすすめです。

大阪城ホールのキャパ、収容人数、おすすめの座席まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、大阪城ホールのキャパ、収容人数はどれぐらい?おすすめの座席は?について詳しく紹介してきました。

大阪城ホールは最大収容人数は16,000人を誇る、関西最大級のライブ、イベント会場です。

このキャパ、収容人数を活用して人気のライブ、イベントが盛りだくさんです。

この大きな会場、大阪城ホールでのおすすめの席は、ステージのパターンによって変わりますが、会場の2階席がかなりせり出している為、2階席の最前列が見やすく、ステージ全体も見渡せるので意外とおすすめです。

 

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

気になる、大阪城ホール南玄関はどこ?最寄駅からの行き方は?はこちら