moji

 

「かっこいいい」の基準はそれぞれ個人差はあるのかもしれませんが、今回は短い単語で伝えることのできる、「2単語で伝わるかっこいい英語は?」を紹介していきます。

2単語で伝わるかっこいい英語

また、短い英語の中でも2単語で表現できるかっこいい英語をピックアップしてみました。英語は日本語に比べても身近単語で多くの情報を伝えられる言語であるとはいわれていますが、実際にかっこいい表現を探すためには、どうすればよいのでしょうか。

jyobuzu

2語で伝わるかっこいい英語を習得する為のおすすめなのは、有名人な成功者の英語のスピーチをチェックしてみることです。

例えば、アップルの伝説的な経営者としても知られているスティーブン・ジョブス氏のスピーチはまさにかっこいい英語表現の宝庫と言っても言い過ぎではありません。

「Stay hungry」「Stay foolish」などの2単語の英語からなる表現はとても有名なので英語学習者の中にはご存知のかたもいらっしゃるかもしれません。

 

「Stay hungry」は「現状に満足しすることなく、先の未来を渇望せよ」とのメッセージが込められているともいわれています。

また、「Stay foolish」は「インテリと呼ばれているビジネスパーソンの常識に流されるな」との意味が含まれていると推測されます。

どちらの表現もたった英語2単語からなる表現ですが、とてもかっこいい英語、英単語なのではないかと思います。

かっこいい英語はシンプル

かっこいい英語自体は使える場面は限られているのかもしれませんが、自分の気持をストレートに表現したい時には使ってみたいシンプルなフレーズです。

今回は例としてスティーブン・ジョブス氏のスピーチを取り上げましたが、心に残るスピーチにはシンプルな表現が多い傾向があります。

おそらく、シンプルな表現であればあるほど聴衆にはインパクトがある、つまり人の心に残るのではないでしょうか。

moji1

まとめ

いかがでしたでしょうか。

複雑な英語の例文などを学んで、英語の表現をインプットすることも英語の単語の表現の幅を広げるのは間違いないことですが、とくに英語学習の初心者の方は、2語などの短い単語で構成されるかっこいい英語(本人の主観で十分にOKです)を少しずつ覚えてみるのも楽しいはずです。

短い英語とともに、その短い単語、言葉の中にも込められた先人のメッセージを想像したり、深い意味をくみ取ったりしながらかっこいい英語、かっこいい英単語を学習して、楽しむのもいいかもしれませんね。

今回は2単語で伝わるかっこいい英語は?について紹介してきました。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。