eikaiwa2

英語をさりげなく話すことが出来る人はそれだけで雰囲気があり、なぜかかっこよく見えて得ですよね。

そこでせめて、かっこいい英語の単語だけでも覚えて、少しでも普段の会話に取り入れることで、よりスマートな印象を目指しましょう。

また、かっこいい英単語を会話の中に取り入れることで、話の中身もワンランク上質な雰囲気の会話を楽しむことが出来きるかもしれません。

今回は特に覚えやすい、かっこいい6文字の英語、英単語はこれ!を厳選して紹介していきます。

arigatou5

①vanish(ヴァニッシュ)

1つ目のかっこいい6文字の英単語はvanish(ヴァニッシュ)です。

vanishの日本語訳は「消える、消滅する」といった意味があり、特に最近ではゲームの中の呪文などに使われる事がおおく、もしかしたらゲームが好きな人は聞いたことがあるかもしれません。

例えば、何かを消したい時にさり気なく英単語のvanishを使うと、よりかっこよさをアピール出来ますよ。

ちなみに、「バニッシュ」のV(ヴィ)の発音から始まるので、6文字の英単語として発音と響きがかっこいいですね。

②guilty(ギルティ―)

2つ目のかっこいい6文字の英単語guilty(ギルティー)で、日本語訳は「有罪の、罪を犯す、やましいこと」などの意味があります。

この英単語はドラマや歌の歌詞に取り入れられることもあるので、知っている人も多いのではないですか?

よく海外ドラマの裁判のときの有罪判決「guilty」や「Notguilty」という表現は日本の「有罪」、「無罪」というシンプルな2文字の漢字にはない、英単語のかっこよさを感じますよね。

特にゴロの良い6文字の英単語はかっこよさを感じます。

③buster(バスター)

3つ目の英単語はbuster(バスター)です。

○○バスターといった言葉は、お店の名前やホームページで良く見たり、聞いたりしますね。

有名な映画「ゴーストバスターズ」でも使われているので、馴染みがあると思います。

ちなみに、バスターには「破壊、退治する」という意味があります。

日本でも馴染みのある英単語なので、比較的スムーズに会話の中でも自然と取り入れることが出来ます。

eigo

 

④eraser(イレイザー)

4つめはeraser(イレイザー)です。響きだけ聞くと非常にかっこいい印象を受けますがどういった意味か分かりますか?実は「消しゴム」のことを表しています。

学校で友達との会話の中で「そこのイレイザー取って!」と何の気なしに言ってみると、友だちを驚かせることが出来るかもしれませんね。イレイザーは学校や会議などで使える英単語の1つです。

⑤divine(ディバイン)

5つめは5つめはdivine(ディバイン)で非凡なという意味があります。

「周りの人の中で普通とは違うくらい秀でた才能の持ち主の人」という意味です。実際にそのような人がいればあの人はディバインだねといった風な使い方が出来ます。

kaiwa

かっこいい6文字の英語、英単語はこれ!まとめ

いかがでしたでしょうあ。

この他にもまだまだ、6文字の使えるかっこいい英語の英単語は数多くあります。

しかし、6文字のかっこいい英語を変に取り入れすぎると、おかしな日本語になってしまいがちです。

 

なので、さり気なく上手にかっこいい6文字の英語、英単語単語を取り入れてかっこよい会話を作っていきましょう♪

周りのみんなからの注目間違いなしです。

 

かっこいい6文字の英単語とは、単語の意味もさることながら、その英単語を発した時の発音や、スペルの見た目などさまざまなです。

また、かっこいい6文字の英語、英単語とかっこ悪い英単語の違いも感覚的なものが大きいと言えます。

この中に、あなたにとって6文字のかっこいい英語、単語はありましたでしょうか?

この情報が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

2単語で伝わるかっこいい英語は?