就職の内定が決まった際に就職先に提出をしなければならない書類の中に『卒業証明書』がありますよね。

卒業証書の提出を求められたら、あわてて準備して一緒に提出すると思います。

その他、卒業証明書の提出が必要な時ってたまにありますよね?

そこで今回は、卒業証明書が必要なときってどんな時?入社、転職などまとめについて紹介していきます。

卒業証明書が必要な時は いつ?

就職先から内定が決まった際に、就職先から最終学歴の卒業証明書の提出を求められる事がありますよね?

あまり聞き慣れない卒業証明書ですが、何のために必要で提出しなければならないのか疑問に思う事があります。

しかし、そもそも『卒業証明書』って何なのか?

どこで手に入れられるのか?

すぐ貰えるものなのか?

色々と疑問があると思います。

卒業証明書が必要になる時は?

とても重要な意味を持つ卒業証明書ですが、基本的にどんな時に必要になるのか分かりますか?

普段の生活の中で卒業証明書を使う事が無いので必要になる時って案外、分からないものですよね。

卒業証明書が必要になる時は主に2つあります。

① 企業に就職内定した時

まず1つ目は就職の内定が決定した時になります。

どこの大学で卒業したのか?

しっかり卒業できてるのか?

それらを確認する為に再発行の出来ない卒業証書ではなく、申請すれば各大学が発行してもらえる卒業証明書を提出してもらう事になります。

②転職した時

企業は求めているスキルを持っている人を採用します。

その求めてるスキルを勉強するために専門の学校へ行って学んできますが、面接の段階で学歴を詐称する人も少なくはありません。

そこで、会社が求めるスキルを学んでいるのかどうかの最終確認のために卒業証明書を転職先の企業に提出する事があります。

 

卒業証明書とは?

卒業証明書は、どこの学校で必要な課程を終了したのか?

また、卒業できたのかを証明するものです。

使用用途は、主に学歴詐称を防ぐ為に提出を求められます。

 

卒業証明書はすぐに発行されない?

一般的に遠方に住んでいて、卒業証明書の申請に行けない場合は郵送での申請になります。

大体の大学では、大学のホームページから交付申請書をダウンロードし記入をしたら返信封筒と一緒に大学へ送ると数日すると届くのが一般的です。

どうしても、急ぎですぐに卒業証明書が欲しい場合は、各大学の事務所窓口へ身分証を持って行って申請すれば早いと数十分程度で卒業証明書を発行して貰えますよ。

 

卒業証明書は身分証明書?

身分を証明するなら健康保険証でも良いと思うし、あれば車の運転免許証でも良いと思いますよね。

実は卒業証明書の提出を求められるのは理由があります。

それは「学歴詐称の確認の為」が理由です。

残念なことに、意中の企業に入社したいが為に出てもいない大学を書いたり卒業もして無いのに卒業した事にして履歴書に書く人がいるからです。

その為、企業も学歴を選考基準にしないなどといいながらも、入社前の身分証明書の1つとして、卒業証明書の提出を求める企業が大多数です。

 

卒業証明書と卒業証書の違いとは?

意外と多い疑問の一つに卒業証書と卒業証明書の違いがあります。

どちらも卒業しないともらえない物ですが何が違うのか?確認してみました。

「卒業証書」は学校を卒業した学生や生徒に与えられるもので、卒業式にもらう賞状の事です。

卒業証書は原則として再発行はできません。

それに対して、「卒業証明書」は学校を卒業した事を証明する証書です。

卒業した大学に申請すれば何度でも発行してもらえます。

 

 

卒業証明書が必要なときってどんな時?入社、転職・・・まとめ

いかがでしたでしょうか。

就職の内定の他に、転職の入社手続きの時も提出を求められる事がある「卒業証明書」ですが、色々と疑問がありますよね?

そこで今回は、卒業証明書が必要な時から、なぜ卒業証書が必要なのか、どこで取得できるのか?などについて素朴な疑問をまとめてみました。

※ 卒業証明書は学歴詐称を確認する為

※ 卒業証明書が必要になる時は主に2つ

・就職内定してから

・転職のとき

※ 大学の事務所窓口で申請すれば数十分で貰える

※ 遠方に住んでたら返信用封筒で申請し数日後に届く

※ 提出する卒業証明書は原則3ヶ月以内のもの

普段の生活で卒業証明書を必要とする事はありませんが、就職や転職をしようとする場合には、企業から

求められる事があります。

速やかに卒証明書の準備が出来る様に申請の方法などは覚えておくと良いでしょう。

次の気になる記事はこちら 中学卒業祝いのプレゼントもらって嬉しい人気プレゼント5選!