パッションフルーツは、亜熱帯や熱帯地域に生息する果物として知名度が存在しますが、日本では鹿児島・沖縄で栽培されている果物。

また、パッションフルーツの原産はブラジルとなるため、熱帯地域の果物で6~8月に旬になるため、その頃に店頭でも出回ることも多くなります。

そこで今回は、パッションフルーツ賞味期限は?腐るとどうなる?味やニオイでの見分け方、保存方法調査について紹介していきます。

パッションフルーツの賞味期限と保存方法調査!

常温でパッションフルーツを保存する場合であれば、賞味期限が1週間前後で冷蔵で保存する場合は2週間前後を目安にして食べごろとなります。

パッションフルーツの保存方法には家庭などで常温に保存する方法と、冷蔵庫など冷蔵させて保存する方法があり、それぞれによって期限が違ってくるのが特徴です。

冷蔵保存する場合には、冷蔵やチルド室で保存を行うと低温になりすぎてしまうので、野菜室に入れて保存します。

パッションフルーツの味は独特の酸っぱさが見られ、それでいてさっぱりとした味わいになるので、真夏に食すると美味しい果物です。

パッションフルーツは、収穫を行った後にそのまま熟成させる過程を得る必要があり、その熟した状態が美味しい状態で食べることができますよ。

つまり追って熟させた方が、さらに酸っぱさとさわやかさを増すのでより味も良くなります。

パッションフルーツ賞味期限は?味やニオイでの見分け方とは?

パッションフルーツがもっとも食べごろであるとする見分け方に関しては、表面が皺が出てくると状態になり、独特の香りが出てくるタイミングが熟したとされるため、食べるのに適した状態です。

果物で熟した状態は、腐る前の過程の一つですが、腐ったパッションフルーツは見た目が明らかに違ってくるのと香りも腐敗臭を放つ傾向があります。

パッションフルーツでも収穫から1ヵ月ほど経過すれば熟し過ぎた状態になり腐ることがありますが、直射日光に当たらない常温での保存であっても1週間以内であれば腐ることはほとんどないです。

パッションフルーツ腐るとどうなる?見分け方、保存方法調査

もっとも常温でも2~3週間ほど放置にして食べる家庭も存在するぐらいで、完熟な状態を好まれる家庭も見られます。

店頭で並んでいた期間や通販なら運送に要した期間を考慮する必要がありますので、常温なら1週間前後で食べます。

それ以上の期間が経過した場合は見た目の悪さが目立ったり、味の酸っぱさが失われ臭みなどが生じたり、ニオイも悪いなどの違和感が存在すれば食べるのを止めます。

ある程度の期間を経過した後に食べたい場合には、冷凍保存を行うことがポイントになります。

冷凍保存の場合でも保存方法には、そのまま冷凍する方法と中身だけを冷凍保存する方法が存在しますが、密封容器に入れればパッションフルーツの賞味期限は半年を目安に食べると良いです。

その期間を超えて放置をしたままにしておくと、冷凍焼けが生じることがあり、半年以内で自然解凍を行い食べるようにします。

パッションフルーツ賞味期限は?腐るとどうなる?味やニオイでの見分け方、保存方法調査

いかがでしたでしょうか。

今回は、パッションフルーツ賞味期限は?腐るとどうなる?味やニオイでの見分け方、保存方法調査について紹介してきました。

まとめると

・常温でパッションフルーツの賞味期限が1週間前後で冷蔵で保存する場合は2週間前後を目安

・冷蔵保存する場合には、野菜室に入れて保存します。

・冷凍保存の場合密封容器に入れれば賞味期限は半年を目安

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。