西日本一の都市大阪の中心地梅田と言えば、西日本の中でも有数の繁華街といっても過言ではありません。

そんな中で、様々なイベント、ライブ、コンサートの会場としてよく利用されているのが梅田クラブクアトロになります。

そこで、今回は梅田クラブクアトロ行き方はこちら!梅田駅、大阪駅からのルートについて紹介していきます。

梅田クラブクアトロ行き方はこちら!梅田駅、大阪駅からのルート

梅田クラブクアトロへのアクセス方法ですが、大阪駅や梅田駅からの行き方としては、まず南側に進むようにします。

 

①駅の南側に行くときには地下街のホワイティ梅田を利用すると良いでしょう。

②南側には阪神百貨店がありますので、そこを横目に通り一旦地上に出ます。

③地下から地上に出るための階段ですが、H58の番号がついているところを上っていくことになります。

④地上に出ると、大通りがありますがその大通りを曽根崎警察の看板のほうに向かっていきます。

ちなみに曽根崎警察の看板は、ひらがなで「そねさき」と書かれてあります。

⑤向かって右側にあるので見逃さないように進んでいきます。

⑥曽根崎警察を通り過ぎてからは、少し歩くと右手にコンビニエンスストアのセブンイレブンが見えてきます。

⑦そのセブンイレブンを過ぎたところに分かれ道がありますので、斜め右側に進むようにしてみましょう。

⑧斜め右に進むと大通りがありそこの横断歩道をわたると、いよいよ梅田クラブクアトロの建物が出てきます。

近代的な建物ですので、わかりやすいはずです。

 

気になる梅田クラブクアトロ整理番号の見方と見え方は?こちら

 

梅田クラブクアトロの座席とキャパ

梅田クラブクアトロは、スタンディングのライブ会場になりますので、座席等は決まっていないため注意が必要です。

ゆっくり座ってライブを楽しみたいのにいざ梅田クラブクアトロに到着してみると座席が全くなく面食らってしまうことがあるかもしれません。

やはり、事前にその会場がスタンディング席かどうかの情報を手に入れておくことが重要になります。

もっとも、ライブに慣れている人などはもともと座席がないことをよく知っているはずですのでそこまで驚かないかもしれません。

 

また、梅田クラブクアトロのキャパ、収容人数に関しては、700人程度になりますので都心部のライブ、コンサート会場では中規模の会場と言えます。

大阪で大きなライブ、コンサート会場などは大阪ドームなどの大きな所を除いて大抵2,000人から3,000人のキャパ、収容人数になります。

 

ロッカー情報

実際の梅田クラブクアトロの会場内はスタンディングの会場になりますので、荷物を持っている人はそのまま持って会場内に入りますが置き場所がありません。

そんな場合には、会場内にコインロッカーがありますのである程度大きな荷物や貴重品などはロッカールームに預けておく必要があります。

コインロッカーの数は、およそ320個になりますので、収容人数のおよそ4割ほどの人たちの荷物を確保することができることになります。

逆に、入場のタイミングが後ろの方だと会場内のコインロッカーは満杯で使えない可能性もあります。

 

そうならないためにも、ライブ、コンサート、特にスタンディング席に参加する際は会場の最寄駅のコインロッカーに荷物をなるべく預ける事をおすすめします。

今回であれば、梅田はターミナル駅なので、駅構内にコインロッカーが点在しています。

駅の改札口や、係員の方に声を変えれば丁寧に教えてくれます。

 

梅田クラブクアトロ行き方まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、梅田クラブクアトロ行き方はこちら!梅田駅、大阪駅からのルート、気になる座席、ロッカー情報を紹介してきました。

梅田、大阪はターミナル駅なので、ポイントは地下道をうまくりようする事です。

地下道には、行き先が表示されているので、その表示を目安に、開場に向かうと地上でウロウロするより分かりやすいです。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

 

気になる梅田クラブクアトロ整理番号の見方と見え方は?こちら