自宅で犬や猫などペットを飼った事ありますか?

飼った事がある人なら大半の人が経験したと思われる事に、かわいい家族の猫に付着する〝ダニ〟の問題がありますよね?

そこで、今回は猫のダニ取り方!酢が効く?本当に取れるのか?について調べてみました。

 

猫に付いてしまったダニを慌てて、無理やりダニを引っ張ると猫の皮膚に傷が付いてしまって猫も痛がり可哀想になります。

しかし、ダニを放置しておくと愛猫が厄介な病気になってしまう可能性もあります。

そこで、良く猫がダニに噛まれたら〝酢〟を付けると取れるよ!

そんな話を聞きますが実際に酢でダニを取り除く事が本当に出来るのでしょうか?

猫のダニの取り方に〝酢〟の効果とは?

もし、ペットの猫にダニが付いても、安心して下さい。

猫に付いたダニは〝酢〟を使って簡単に取り除く事ができますよ!

 

ダニは寄生する為に他の生き物が通りそうな場所でジッと待ち構えており犬や猫が良く行きそうな場所に多く存在しています。

 

猫のダニ退治には、

まずはどこでどんな種類のダニが付いたのか知る事が大事!

ダニと一言で表してもダニには種類があります。

多くの場合、ダニに吸血されるだけで大きな害はありませんが、中には危険なダニも数種類います。

良く猫に付くダニで危険な種類に『マダニ』がいます。

なぜなら、マダニに噛まれると大切な猫が感染症を引き起こす可能性もあるからです。

そこで、どんなダニに噛まれたか知る事で動物病院での猫の治療もしやすくなります。

 

ダニを取る方法として〝酢〟はどれほどの効果があるのか?

ここで可愛い猫に付いて欲しくないダニの種類として〝マダニ〟を紹介しました。

このマダニこそ感染症などの危険があり、人も噛まれると命を落としてしまう事もある怖いダニです。

このマダニを取る方法としては「酢」が効果的です。

 

どれほどの効果があるのかと言うと、マダニが自ら離れて、即座に逃げて行くほど効果的なんです。

 

良く猫のダニを摘んで取り除く事がありますが、なかなか取れない場合が多く大変ですよね?

でも、猫のダニ取りに酢を使うとマダニが自分から離れてくれるので、猫にも傷を付ける心配がありません。

 

猫に付いたダニを酢を使って落とすダニの取り方とは?

では、実際に酢を使ってダニをどのように取るのか?

そこで猫などのペットに付いたダニの取り方を簡単にまとめてみました。

 

※ コットンに酢を染み込ませて猫の患部に当てる!

まず初めにやる事は、コットンなどの酢を染み込ませる物に酢をたっぷりと染み込ませます。

充分に酢を染み込ませたらダニが付着してるところへ当てて染み込ませます。

効果的な酢の付ける場所はダニの『口元』!

酢を染み込ませたコットンなどでダニを効果的に取るには、酢を付ける場所が大事です。

ダニが噛んでいる口あたりに酢を当てると、効果抜群です。

 

ダニを専用のピンセットで掴んで取る!

酢で猫から離れたダニは潰さない様に取るため専用の道具を使い取り除きます。

それはピンセットです。

ダニ用の専用ピンセットがありますので、1つ購入しておくと良いですよ♪

 

猫に付いたダニの取り方!酢を使った取り方の注意点

ここまで、酢を使えば簡単に猫についたダニが取り除ける事が分かったと思います。

 

ですが気を付け無ければならない注意点もあります。

どんな事に注意したら良いのでしょう?

 

1、酢でダニの口元やダニの周りを湿らせる!

1つ目はダニの口元やダニが付着している所を酢で湿らせる事です。

ダニは酢をとても嫌うので噛んでいても自ら離れてその場から逃げようとします。

 

酢の効果をより効果的にするには、ダニが噛んでいる所を直接、酢を含ませたコットンで湿らせる事です。

2、ダニを死滅させないようにする!

2つ目はダニを死滅させない事です。

噛んだままの状態で死滅させてしまうと猫の様に不規則な動きをする動物は傷口を広げてしまう可能性があります。

死滅した後にダニを剥がしても患部に噛んでた部分が猫に残っている場合もありますので死滅させない事が大事です。

 

3、ダニを潰したり無理やり引っ張らない!

3つ目はダニを引っ張らない事。

良くたっぷり吸血したダニを見るとお腹の所が膨れ目立ちます。

マダニはそのお腹を潰しても死滅する事はありません。

さらに吸血を始めます。

マダニの場合は口元をしっかりと取り除かないといつまでも寄生し吸血をしますので無理やり引っ張らない

事を気にしておきましょう。

 

猫のダニ取り方!酢で取れるってホント?その効果とは!まとめ

いかがでしたでしょうか。

猫などについたダニの取り方で酢を使えば簡単に取れる方法を紹介しました。

酢を使った猫のダニの取り方についてのまとめは

 

※ どんな種類のダニが付いたか確認が必要

※ 酢を使えばダニ自ら離れてくれる

※ 酢を使ったダニの具体的な取り方

・コットンに酢を染み込ませ猫の患部に当てる

・ダニの口元に当てるのが効果的

・専用のピンセットでダニを取り除く

※ ダニの取り方での注意点

・酢を染み込ませたコットンは口元へあてる!

・ダニを潰して死滅させない!

・ダニを無理に引っ張らない!

 

犬でも猫でもペットとして室内飼いが多いですが、外で飼っている人もいます。

外で飼っているとダニに噛まれる可能性も高く気付けば吸血されていたりしますよね?

そんな時は慌てずに酢を染み込ませたコットンを患部に当ててあげるとダニが自ら離れていきますので、ぜひ試してみてください!

ちなみに、猫の皮膚に酢がついても問題ないので、安心して酢で愛猫をダニから守りましょう♪

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。