原稿用紙をホッチキスでとめる際に、どの位置が適切か迷った経験ありませんか。

なかなか、唯一絶対の正解はないというのが答えになるのではないでしょうか。

そこで今回は、原稿用紙ホッチキスの位置はどこがいい?右上、左上?横綴じ・・について紹介していきます。

原稿用紙ホッチキスの位置はどこがいい?右上、左上?横綴じ・・

極めて一般的な解説を見ると、ビジネスで資料などをホチキスでとめる際と共通していますが、左上というのが推奨されています。

その理由は各ページをめくり易いということになっています。

でも左上で閉じられたものをめくるのは、左手ということになるので、右利きの人が多いことを考えると本当かということになります。

実はビジネスの場合、資料をめくりながら気がついたことをメモしたり、講義などを聞きながらというケースでは、強調点をアンダーラインするような行為が伴い、そのときには右手にボールペンとかマーカーを持っているということがあるからです。

原稿用紙の場合、書き直すことも含め検閲とか推敲ということが入ることを想定すると、右手に何がしか筆記用具を持つことが想定されるので、左上を止めるということになります。

したがって、ただ単に原稿用紙を読むためにホッチキスどめをするのであれば、右上であっても構わないということになります。

特に短い時間で全体を読むには、右手でページをめくる方が早いということもあります。

ただ左上の場合も右上の場合も、とめるホッチキスの角度には注意が必要です。

 

性格が律儀というか真面目な人は、原稿用紙と平行か直角にとめますが、正しくは45度の角度が必要です。

平行か直角の場合はめくる際に原稿用紙が破れやすくなるからです。

もっとも、今日では原稿用紙の紙質は格段と良くなっているので、余程力を入れない限りめったに破れることはありません。

原稿用紙ホッチキスの位置はどこがいい?

もう一つは原稿用紙を二つ折にして、折り目とは反対側の余白をとじしろにしての縦にいくつかのホチキスどめです。

こちらは原稿用紙という性質を考えると、最も本格的なものであり、原稿が完成したということであれば、この方法が適しています。

二つ折りにしないまま、横綴じする方法もありますが、これは前述した左上や右上に準じたものとなります。

小説などでコンテストに応募する場合はとじ方も指定されますので、それに従うことです。

中には、紙縒りと指定されることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、原稿用紙ホッチキスの位置はどこがいい?右上、左上?横綴じ・・について紹介してきました。

原稿用紙使う機会が減ってとはいえ、原稿用紙が魅力的なことには変わり有りません。

ぜひ、ホッチキスの位置も確認してみてください。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。