まえがき

墨汁の正しい捨て方知ってますか?

洗面台、トイレに流してしまうと、黒い縁取りができたり、

しばらく使ってなかった墨汁の場合には、捨てた時に臭う独特の臭いがして大変です。

 

意外と知られていない墨汁の正しい捨て方。

これについて、これからご紹介する方法を実践してみてください。

 

今日から役立つ豆知識として利用してくだされば幸いです。

 

 

画像その1

墨汁の正しい捨て方とは

一番良いのは、使わなくなったボロ布や新聞紙に吸い込ませる方法です。

そのあと、燃えるゴミで捨てましょう。

 

公共下水道に流してしまうというのも意見としてありますが、

燃えるゴミで出してしまう方が、シンク汚れなど、

嫌な臭いも気にせずに処理がスムーズに上手くいきます。

 

墨汁が入っていた容器の処分ですが、各市町村の分別方法に

(燃えるゴミか不燃物ゴミかによって異なる)従って処分してください。

 

墨汁の捨て方に失敗してしまった時の対処法

★墨汁を捨てる時にこぼしたり、服を汚してしまったら・・・

▼服にこぼした墨汁の落とし方—–墨汁が乾く前に水で洗い流す。

 

布地の裏に雑巾を敷いて、こぼした部分が広がってしまわないように

歯磨き粉をつけた歯ブラシで丁寧にこすります。

 

1回で落ちない場合は、何回か繰り返す。

▼カーペットにこぼした墨汁の落とし方—–雑巾を使い中性洗剤で落とす。

 

雑巾を使い、大まかにポンポンと叩き、墨汁を落としていきます。

最後に、きれいな雑巾に台所用洗剤、もしくは粉末中性洗剤を染み込ませ

拭きとります。

 

いずれの場合にも、シミを広げないように拭き取ることがポイントです。

 

▼畳にこぼした墨汁の落とし方—中性洗剤を染み込ませた雑巾を使用する

 

畳の目地に沿って歯ブラシでよくこすり、そのあと十分に乾かします。

【参考】砂消しゴムで薄く残ったシミを消す方法もアリだと思います。

 

※墨は分子が細かいうえに、繊維に入りやすく、

 

洋服などにつくと落ちにくくなります。

 

そして時間の経過とともに、余計に落ちなくなります。

 

染み抜きのタイミングは、なるべく早く済ませましょう。

 

★『漂白剤』は墨汁の染み抜きには効果なしです!!

 

染み抜きといえば『漂白』ですが、墨汁の染みには効果なしです!!

 

漂白剤は、元々酸化させて色を落とす化学反応を利用した洗剤です。

 

炭素の粉からできている墨は、粉の部分が酸化するだけで、、

 

黒い色はほとんど酸化しません。

 

漂白剤を使っても意味がないのはこのためです。

 

墨汁の 捨て方は 捨てずにリサイクル可能

画像その2

一昔前は、墨汁がついた半紙は再利用できないものとされていました。

近年墨や書き損じ半紙のリサイクルが注目を集めています。

 

これまでは墨汁がついた半紙は、ペーパー資源回収などに出すことはできません。

エコ再生紙振興会で販売している書道エコバッグ(税込み1,050円)を活用することで

リサイクルできます。

 

一般社団法人 エコ再生紙振興会の回収システム

 

自治体や教育機関のほかに

 

個人の書道愛好家、書道塾といった小規模回収先でも

 

取り扱ってくれます。

 

回収された書道反古紙は、パルプ工場で100%再生パルプに加工され

 

再生紙の原紙が製造されたりする他に、

 

アスファルトや犬・猫のトイレ用の砂に再利用されているそうです。

 

 

墨汁の正しい捨て方知ってる?意外と知らない常識!今日から役立つ豆知識 まとめ

墨汁の捨て方についてみてきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

捨て方から誤って服や床にこぼしたときの対処法など

 

すぐに使えるアイディアがたくさんあったと思います。

 

ぜひ今日からお役立てください。