プリンは通常冷蔵庫に入れて保管するものですよね。

ですが、「冷蔵庫にしまうのを忘れてしまった」「ついうっかりして部屋に出しっぱなしにしてしまった」など、保存に失敗したことはありませんか?

この記事では、プリン常温はどれぐらいで腐る?賞味期限教えて!市販品と手作り品では違いはあるのか?について紹介していきます。

プリンは常温だと何時間で腐るの?


皆さんは、プリンを常温放置してしまった時に、何時間くらいまでなら「大丈夫」と思って食べているのでしょうか?

クチコミを基にプリン(市販品)が常温で何時間まで大丈夫なのか調べました。

ネットの口コミ


⇒2時間まで・・・・・・・・・「全然平気」

⇒半日まで・・・・・・・・・・「暑い場所じゃない限りは腐らないと思う」

⇒1日(一晩)~2日・・・・・「普通に食べられた。お腹も壊さなかった」「冬に暖房が

ついていない部屋(寒い部屋)だったら大丈夫」

⇒1週間 ・・・・・・・・・・・「水が出て怪しい状態になった。さすがに食べなかった」

個人差がありますが、そこまで市販品のプリンがすぐに腐るとは皆思っていませんよね。

実際はどうでしょうか。

手作りプリンは常温で何時間で腐る?


手作りプリンの場合には、市販品よりも腐るまでの時間の条件が厳しいです。

⇒「常温保存はできない」

⇒「涼しい場所なら1~2時間」

⇒「直射日光が当たらない場所で2~3時間が限界」

ネットで調べてみても基本的にプリンの常温保存はNGです。

 

特に「ゼラチンで固めて作るタイプは腐りやすい」そうで、ケーキ屋さんのプリンについても、同様に常温保存NGと考えておいたほうがよさそうです。

また、常温放置してしまったプリンの状態は、保存環境に左右されます。

どのくらいの時間や日数なら食べられるのか、明確な答えはありませんでした。

手作りプリンは早めに食べましょう♪とのこと。

 

手作りプリンは基本的に常温保存はNG!?


これまでの口コミをまとめると

・要冷蔵の市販品でも、涼しい場所など保存環境では2時間程度ならOK

・常温放置しても食べられる場合もある。

・市販品でも保存料が使われている商品でも、極端に悪い環境に放置したら数時間で危ない可能性あり。

 

プリンを常温放置、腐るとどうなる?

もったいないからといって、腐ったプリンを食べて、腹痛などの症状で苦しむことになりかねません。

腐ったプリンなのか?どうなのかの目安をご紹介します。

 

食べてはいけないプリンを見分けるポイント!

見た目・・・

・プリンの表面に白い膜が貼っている

・プリンをスプーンですくった際に糸を引く、粘りがある、ヌルヌルした感じ

・カビが生えている

 

臭い・・・

・プリンの甘い匂いではなく、酸っぱい臭い

・硫黄のような硫黄臭

 

味、食感


・甘いプリンの味ではなく、酸っぱい味

・カラメルではなく、全体が苦い味がする

・プリンを食べた時に粘りがある

 

このデータを参考に、少しでもプリンを食べて、腐ってる?と異変を感じたら食べないで下さいね。

 

プリンの常温保存は食中毒の危険性も!


ここで食中毒の危険性についてもお知らせします!

 

食中毒菌の名前と考えられる原因は?

 

サルモネラ菌⇒材料の卵を常温放置

セレウス菌⇒プリンを常温放置した際のホコリなど

これらの菌が食中毒の原因になります。

 

食中毒菌に共通する予防方法は?

手作りの際、気をつけること

・雑菌をつけない⇒プリンを作る手指、調理器具、調理環境を清潔に保つ

・雑菌を増やさない⇒プリンを低温で保存する

・やっつける⇒食中毒予防で食材をよく洗う、加熱する

 

プリンの常温保存の正しい意味を確認する


ちなみに、私はプリンの保存場所を全部「常温」だと思っていたのですが、正しい意味を調べてみると、「常温」とは実は割と限定された場所のことをいいます。

冷蔵庫以外が必ずしも「常温」とは限りません。

食品衛生法、日本薬局方によると

 

・室内温度は15℃~25℃

・温度が一定の場所

 

食品を保存に適した場所

・直射日光が当たらない場所

・風通しがいい場所

 

このような場所が無い場合は、プリンを保存する場合は冷蔵庫で保存することをおすすめします。

 

プリンは常温でどのくらいで腐るのか?賞味期限を過ぎた場合には?


“市販のプリンは賞味期限を過ぎてしまったが食べられるのか?”という疑問。

市販のプリンの賞味期限というものは、期限が過ぎても、すぐには腐らないというイメージがありまが、実際には、どうなのでしょうか?

 

農林水産省のホームページには、次のような記載があります。

※賞味期限⇒未開封で保存方法を守った場合の、美味しく食べられる期間

※賞味期限は「美味しさ」を持続できる期間のこと。

「期限が過ぎてもすぐには腐らない」と考えで正解のようです。

 

※消費期限⇒未開封で保存方法を守った場合の、安全に食べられる期間

※消費期限は「安全性」を持続できる期間のこと。

基本的に、消費期限が過ぎたら食べてはいけません。

※ただし注意点として「開封後や保存方法」が間違っている場合、期限に関係なく腐る可能性もあるのも事実です。

 

実際に製造メーカーの表示は「○日までなら食べても大丈夫」との公表はしていません。

プリンが腐ったかどうかの最終判断は、あくまで自己責任でチェックすることが求められます。

プリンは常温でどれぐらいで腐る?賞味期限教えて!まとめ


いかがでしたでしょうか。

ポイントをまとめると次のようになりますね。

・要冷蔵のプリンを常温で放置した場合、すぐに腐らない場合もある。

・手作りのプリンは常温保存NG!

※最適な「常温」がないときは、冷蔵庫保存が安全

・プリンが腐ったかどうかの判断は、見た目・臭い・味をしっかりチェックすること。

・「常温」とは冷蔵庫以外の場所ではなく、温度や環境が限定された場所のこと。

・要冷蔵のプリンを常温保存した場合には、「○時間なら安全」といったメーカー側の明確な基準はない。

作った後のプリンを腐らせないだけではなく、”食材の保存”や”作るときの衛生管理”にも十分注意、食中毒の予防も必要。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

気になる次の記事はこちら!バターは何日で腐るの?賞味期限と腐った時の見分け方まとめ