飲食業界では『調理師免許』は厚い信頼があります。

いつかは自分も立派な料理人になる為に調理師免許を取得したいと思ってるけど、簡単に調理師免許を取る事ができるのか?

気になりますよね。

実は調理師免許は働きながらも取得する事ができる免許です。

そこで今回は、調理師免許の取り方はコレ!働きながらでも簡単に取る方法について紹介します。

調理師免許の取り方!働きながらでも簡単に取れる?

飲食店で働いていれば目指すのは調理師だと思いますが、実は調理師免許は「名称独占資格」なので資格が無いと調理師として名乗ることはできません。

簡単に調理師免許の資格は取れるのか?実際に調べてみました。

調理師免許とは?

飲食業界では調理師免許は信頼が厚い資格です。

調理師の資格が無くても料理人として働く事ができますが資格がある事で他の飲食業界への転職もしやすくなります。

そんな信頼の厚い調理師免許ですが調理師免許とは一体、なんなのか?

調理師免許は国家資格で、国民の食生活の向上を目的としている資格になります。

調理・栄養・衛生に関しての知識はもちろん、技術などを習得した人の事を指します。

意外かも知れませんが資格が無い人が調理師を名乗ると罰金が科せられると言われてます。

調理師免許を持つメリット

ここで気になる疑問に『資格を持つメリット』があります。

確かに資格がなくても料理人として働く事が可能なので取らなくても良いのではと思うかも知れません。

 

調理師免許を持つメリットは何があるの?

同じ飲食業界へ転職しやすい

飲食業界はとにかく求人が多いのが特徴です。

即戦力として調理師免許を持つ人は基本的な知識や技術を勉強し習得している証にもなります。

それだけ調理師免許は飲食業界では信頼が厚い資格なので持っていない人より持っている人の方はるかにが採用されやすい傾向にあります。

 

調理師免許は信頼が厚い

飲食業界では調理師免許の信頼はとても厚い資格です。

例えば、車を運転できるけど免許があるか無いかでは同乗者の信頼が変わりますよね?

それは飲食業界でも同じです。

栄養面・調理技術・衛生面などの基本的な知識を習得した証にもなりますので安心してもらえます。

講習やテストなしで食品衛生責任者になれる。

 

食品衛生責任者を取るには食品衛生責任者養成講習会で講習を受けなければ発行されません。

お店を開業するにあたり必ず必要なものになりますが、調理師免許を持っていると講習などの必要がありません。

それだけかと思うかも知れませんが、実際に体験すると大変さが分かりますよ。

働きながらでも調理師免許は取れるの?

調理師免許の取得には条件があります。

調理師免許を受験する為の条件として「2年以上の実務経験」が必要になります。

実務経験2年以上と言っても内容は細かく、1日6時間以上の勤務を週に5回となってます。

つまり、調理師免許の資格が欲しいなら飲食店に就職し経験を積みながら受験する事が実は一番の近道です。

 

調理師免許を働きながらでもできる取り方!

これから飲食業界で働きたいと思い調理師免許の取得を考えているけど働きながらでも資格を取るにはどんな事をしたら良いのでしょうか?

働きながらでも調理師免許を取得する為の方法としては3つあります。

【1】夜間の専門学校へ通う

生活の為に働かなければならないけれど調理師免許も取得したい…

そんな時は専門学校へ行って勉強すると良いですよ。

とは言っても日中は働いてるので、専門学校には通う事が難しいですが、夜間にやってる専門学校もあります。

昼間は働き、夜は専門学校へ通う事で調理師免許資格を取得する事ができます。

 

【2】仕事を辞めて専門学校へ通う

生活する為の余裕があるなら思い切って仕事を辞めて専門学校へ行くのも1つの方法です。

しっかりと勉強する事ができて、短期で調理師免許を身に付ける事ができる方法の1つです。

 

【3】アルバイトして経験を積みながら調理師免許試験を受ける

どうしても働きながら勉強しなければならない場合は、アルバイトとして経験を積みながら調理師免許の受験する方法があります。

正規雇用では無くても受験の条件に当てはまる実務経験に当てはまるアルバイトであれば、1石2鳥で問題はありません。

働きながら経験も知識も学べるので1番オススメの方法です。

調理師免許を働きながらでもできる取り方まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、働きながらでも調理師免許が取れる方法を紹介してきました。

調理師免許の取得についてのまとめは・・・

 

※ 調理師免許は飲食業界では信頼が厚い!

※ 資格を取得すると色々とメリットがある!

※ 受験には2年以上の実務経験を満たす必要がある!

※ アルバイト等で働きながら経験を積んで受験ができる!

調理師免許の取得を考えているなら、アルバイトで働きながら経験を積んで知識や技術を学び受験する事ができます。

調理師免許の受験には条件もありますが経験があるかないかで大きな差がでてきますよ。

初めに飲食店でアルバイトから始めて、働きながら調理師免許の資格に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

次の記事はこちら 木村拓哉の白トリュフの塩パンはココで買える!ロケに差し入れて話題沸騰!