メルカリを使っている人は多いと思いますが、メルカリのオファーが来た時にどうすれば良いのか迷ってしまうことはありませんか?

無視しても大丈夫なのか、気になりますよね。

そこで今回はメルカリでオファーが来たら無視する?対処法おすすめはコレ!について詳しく見ていきたいと思います。

 

メルカリのオファーとは?

メルカリのオファー機能とは自分以外のユーザーに知られずに値引き交渉が出来るというもので、2018年の6月に追加されました。

現在は「インテリア・住まい・小物」、「家電・スマホ・カメラ」、「スポーツ・レジャー」カテゴリーの商品で利用が可能となっています。

メルカリの購入者は商品ページのオファーボタンを押して希望金額を提示するだけで値引き交渉することができ、出品者がその金額に応じるかどうかを自分で判断します。

このオファー機能がなかった時には他のユーザーも閲覧できるコメント欄で値引き交渉するしかなく、賞品の横取りなどが問題視されていました。

他の人に見られずに交渉できるのは、そういった意味でもオファー機能には安心感がありますね。

 

ただメルカリの購入者にとっては便利なオファー機能も、メルカリの出品者側に立ってみると賛否両論があるようで、メルカリボックスに寄せられている意見の中には下記のようなものが見受けられます。

「そもそも値下げを考えていないのに、出品すると自動的に値下げ交渉の対象になってしまう。」

「値下げ出来ないことを、いちいちプロフィールや商品説明に書かなくてはいけない(それでもオファーは来る)。」

「出品時にオファーのあり、なしを選択できるようにしてほしい。」

 

送料や手数料など、様々なことを考慮して価格を設定している出品者からすればこういう意見が出るのも当然と言えるかもしれません。

メルカリのオファー機能があっても「値引きが当たり前」ではない、ということを忘れないようにしなくてはいけませんね。

メルカリのオファーの対処法は?

では、実際にメルカリのオファーを受けた時にはどうすれば良いのでしょうか?

基本的には、出品者はオファーされた金額で商品を売るかどうかを決めるだけです。

手順は下記のとおり。

①オファーされた商品が「やることリスト」に追加されるので確認

②該当の商品を選択

③オファーされた金額で取引する場合は、「オファーの価格で売る」ボタンを押す

④オファーの承諾後、購入手続きが行われたら商品を発送

 

以上がオファーを承諾した場合の取引手順です。

 

承諾できない場合の手順としては①②は同様、

③が「今回は見合わせる」ボタンを押す、になります。

 

もしどちらのボタンも押さなかった場合は、24時間で自動的にキャンセルとなります。

そのほか、承諾したのに24時間以内に購入されなかった場合や、他のユーザーが先に購入した場合、出品者が商品の編集・削除を行った場合にもオファーはキャンセルされます。

オファーが来ている状態であっても、他のユーザーが値引き前の価格で購入すればそのままの価格で取引は進められます。

 

メルカリのオファーは無視して大丈夫?

先ほども触れたように、基本的にメルカリのオファーへの対応は「オファーの価格で売る」か「今回は見合わせる」のどちらかだけ。

返事をしたり、コメントをつけたりすることはできません。

「オファーの価格で売る」を選択した場合は通常と同じ取引へと進み、「今回は見合わせる」を選択した場合は相手に承認されなかった旨が伝わります。

どちらも選択せずに放置しても24時間で自動的にキャンセルされますが、この場合は値引きのお願いを無視した形になってしまいます。

メルカリのオファーを無視すること自体は、システムに関して言えば何の問題もありません。

しかしアプリ上とはいえ相手もあることです。

トラブルを防ぐためにもやはり、無視はせずに何らかの対応はした方が良いでしょう。

 

メルカリでオファーが来たら無視する?対処法おすすめはコレ!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、メルカリでオファーが来たら無視する?対処法おすすめはコレ!について紹介してきました。

メルカリのオファー機能は便利な反面、出品者の多くはそのシステムに馴染みにくいと考えている人も少なくないようです。

値引き交渉は正直言って煩わしいと思う人が多いかもしれませんが、トラブルにならないように、面倒でもメルカリのオファーが来た時はしっかり対応することをおすすめします。