買ってきたパッションフルーツを放置したままにしていませんか?

フルーツの中でも追熟させるものは、放置したままだと腐ってしまう事も多々あります。

そこで今回は、パッションフルーツは腐る?賞味期限は?味やニオイでの見分け方と保存方法はコレ!について紹介していきます。

パッションフルーツは腐る?賞味期限は?

パッションフルーツを常温保存する場合には、追塾を含む約1週間が趣味期限なので、それを目安に食べるようにしてくださいね。

また、パッションフルーツの冷蔵保存であれば2週間が賞味期限の目安です。

パッションフルーツは熟して表面の皮がシワシワになった頃が食べごろですが、それ以上常温や冷蔵庫に放置してしまうとパッションフルーツが腐る原因になるので注意してください。

パッションフルーツは腐る?味やニオイでの見分け方

パッションフルーツが腐っているかの見分け方に重要なのは、見た目と匂いです。

パッションフルーツの表面が手で触った際にぶにょぶにょ柔らかかったり、特に変な汁がにじみ出ている場合はそのパッションフルーツは腐っている可能性が高いので、食べずに捨てることをおすすめします。

表面の皮の色にも注目して、紫色ではなく茶色や黒色に変色している場合には腐っている可能性があるため、これらも捨てるのが良いと思います。

このような状態のパッションフルーツを食べた場合には、食中毒やお腹を壊してしまう可能性が高いので注意が必要ですよ。

パッションフルーツに限らず、腐っているフルーツをポイントで見た目で重要なのは、特に表面にカビが生えている場合です。

カビが生えてしまった場合には必ず、すぐに捨ててください。

 

他の食品にも影響する可能性があるので、見つけ次第処分することが好ましいです。

香りの強いフルーツのため匂いが増している事には問題ありませんが、フルーティではない変な香りが漂っている場合には腐っている可能性があります。

この場合にも食べずに捨ててください。

熟してからはパッションフルーツは腐りやすいので、毎日食べる前に見た目や香りを確認しておくことが重要です。

パッションフルーツは腐る?保存方法はコレ!

パッションフルーツの保存方法には常温、冷蔵、冷凍の全てを使用することが出来るので、自分に合った保存方法を利用することができます。

常温であれば1週間ほどを目安にして、食べごろになったらすぐに食べることでパッションフルーツが腐る事を防げます。

冷蔵保存の場合では、パッションフルーツの追熟が遅れるため2週間を目安にすると良いです。

 

また、熟していても冷蔵保存では多少の保存が利くので、熟していても切らずにそのままの状態でパッションフルーツは1週間程は保存可能です。

保存期間が一番長いのは冷凍保存です。

特に、すぐ食べきらない場合であればパッションフルーツは冷凍保存をおすすめします。

冷凍保存の場合には、熟した状態なのが条件です。

 

また、パッションフルーツはカット済みの物からまるごと1つの状態でもそのまま冷凍することが可能なので、食べきれなかった分を保存するのであればパッションフルーツを凍保存することをおすすめします。

冷凍状態であれば1~3ヶ月は食べられるので、ジップロック等に日にちや保存期間を書いておき、食べる前には腐っていないかをチェックすることが良いと思います。

パッションフルーツは腐る?賞味期限は?味やニオイでの見分け方と保存方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、パッションフルーツは腐る?賞味期限は?味やニオイでの見分け方と保存方法はコレ!について紹介してきました。

まとめると

パッションフルーツを常温保存する場合には、賞味期限は追塾を含む約1週間。

パッションフルーツを冷蔵保存であれば2週間が賞味期限。

冷凍状態であれば1~3ヶ月、パッションフルーツの賞味期限はあります。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

次の記事はこちら ぶどうは何日で腐る?賞味期限は?味やニオイでの見分け方と保存方法はコレ!