大阪ビッグキャットは大阪市中央区西心斎橋付近の通称アメリカ村にあるライブハウス会場です。

大阪ビッグキャットはインディーズからメジャーデビューしたアーティストまで幅広いジャンルのライブ、コンサートが開催され、まさに大阪のミュージックシーンの拠点となっています。

ライブハウスと言えば、ステージのアーティストと一心同体になり、盛り上がり、時にはジャンプまで!

思う存分ライブを楽しむには、大きな荷物は

預けて身軽な状態で会場には入りたいですよね?

そこで今回は、大阪ビッグキャット(bigcat)にロッカーある?周辺のロッカー情報はここ!について紹介していきます。

大阪ビッグキャット(bigcat)にロッカーある?周辺のロッカー情報はここ!

大阪ビッグキャットの会場では、イベントによっては1階のフロアは楽曲に合わせて前に出たり飛び跳ねたりと激しい動きで、ステージのアーティストとオーディエンスの一体感が味わえる熱狂の空間となります。

そんなライブハウスならではの醍醐味が楽しめる一方で課題となるのが荷物がある場合の取り扱いです。

大阪ビッグキャット注意事項

イベントが開催される際には、アーティストの事務所などの主催者ホームページ、チラシやチケットなどに注意事項が記載されるケースがあります。

もちろんそこには動きが激しくなることが予想されるため、手荷物の破損や紛失があっても一切責任を負わない旨がインフォメーションされています。

そもそも、手荷物の持込みが禁止されているケースもあります。

そんな時はできるだけ何も持たずに場内に入り思う存分楽しむことが推奨されますが、化粧品や貴重品などをどうしても持ち歩かなければならない場合もあり、その場合には事前にどこかのコインロッカーなどに預けるのがほとんどです。

大阪ビッグキャットのコインロッカー

大阪ビッグキャットにはロビーとホールの後方にコインロッカーが設置され200円の中、300円の特中、500円でスーツケースも入る大と各種サイズが用意されています。

そして、注意事項としては24時間利用可能で1日経過するごとに料金が加算されます。

しかし、そのロッカーの数は合計で250個程度と公表されており、1人1個使用したとすると最大の収容人数である850人にはとても届かない数字です。

大阪ビッグキャット周辺ロッカー

そのため、当日になって現地に着いてからロッカーが空いていないという事態を避けるために、大阪ビッグキャット周辺のロッカーを利用する方も少なくありません。

最も効率的なのは移動の際にスムースに利用できる範囲にあるコインロッカーを利用する方法です。

大阪ビッグキャット駐車場

また。大阪ビッグキャットには有料駐車場がありますが、自転車やバイクの駐輪場は無いため公共交通機関を利用した来場が推奨されています。

周辺の公共交通機関には徒歩2分の地下鉄御堂筋線心斎橋駅や、徒歩3分の地下鉄四つ橋線四ツ橋駅があります。

大阪ビッグキャット周辺ロッカー

地下鉄の構内にあるコインロッカーに荷物を預けてから、大阪ビッグキャットへと向かう方も多くなっています。

そして、事前に手荷物を預ける場所や、できるだけ手荷物を持たないことを検討して当日は心配事を抱えずに思う存分ライブを楽しみたいところです。

また、大阪ビッグキャットはステージの正面に1階のフロア、2階には雛壇の椅子の座席があり、オールスタンディングだった場合には最大で850人程度が収容可能です。

そして、1階フロアに仮設の椅子を設置する場合には人数が少なくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、大阪ビッグキャット(bigcat)にロッカーある?周辺のロッカー情報はここ!について紹介してきました。

大阪ビッグキャットその他にも文部科学省から認定された職業実践専門課程認定校でプロのミュージシャン、コンサートスタッフなどの育成を行っているキャットミュージックカレッジ専門学校の関連施設としての役割も果たしています。

新入生歓迎ライブや実習にも使用されていま

す。今後も大阪ビッグキャットから目が離せません。

この情報があなたのお役に立てれば、幸いです。