日本語で一言、気分がいいと言っても、英語ではシーンによって表現も変わってきます。

そこで今回は、気分がいい英語のフレーズ!おすすめ5選!について紹介していきます。

気分がいい英語のフレーズ!おすすめ5選!

1、「Feel Good」、「Feel Great」

一番シンプルで比較的使われやすい「Feel Good」や「Feel Great」は感情と体感、体調の気分が良い時に、何でも使うことが出来る優れたフレーズです。

2、「I feel so refreshed.」

気持ちが晴れて身も心も軽い気分の時にはすごくすっきりしたという意味の「I feel so refreshed.」というフレーズもおすすめです。

「Feel better」は気分が悪かったり身体の調子を崩した後に、今はもう良くなったという時に使います。

3、「I am well.」「I feel well.」

「I am well.」「I feel well.」は調子はどう?の軽いあいさつ代わりの質問に対して、良いよ変わったことはないという意味で、挨拶以外でも十分焼く時にもよく使われます。

4、「I am fine.」

CMで耳にしたことのある「I am fine.」は例えば誰かがこけた場合に「Are you ok?」大丈夫?の返事として大丈夫だよという意味で使われますので、どちらかというと消極的な意味合いを持ちます。

スッキリ晴れて気持ちがいい、と思う時には「It is a beautiful day.」というフレーズを使うことも出来ます。

直訳すると気持ちのいい日という意味です。

5、「nice」

簡単に「nice」という単語に言い換えても気持ちよさを表現できます。

マッサージを受けていて、身体も心も癒されて気持ちいいという意味合いの気分がいいは「It is good.」という表現が使えます。

気分がいい英語のフレーズ!

その痛さが気持ちいいと思う場合には痛みを意味する「pain」を入れて、「It is a good pain.」と言います。

基本のフレーズは耳にしたことがあったり、中学生レベルの簡単な単語を使うことがほとんどですので、英語だと気負わずにまずは「feel good」をマスターして慣れてきたら場面ごとの表現を少しづつしっかりと身につけて、どんどん使っていくのがお勧めです。

使うフレーズが増えていくと英語での会話も深みが出て世界が広がっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、気分がいい英語のフレーズ!おすすめ5選!について紹介してきました。

英語でも日本語でも、「気分がいい!」と毎日言いたいですよね。

気分がいい!という言葉を笑顔で誰に言えるかも重要です。家族、恋人、仕事仲間・・・

誰にでも、毎日「Feel Good!」、「Feel Great!」と笑顔で挨拶したいものです。

気持ちを自分で上げて、意識的に気分がいい言葉を使うと本当に気分も上がってくるのではないでしょうか。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。