ku-ra-2

夏のお出かけに役立つアイテム!クーラーボックス!

クーラーボックスといえばホームセンターなどの店舗で購入するのが一般的です。

しかし、いくつかのアイテムを組み合わせることでも簡単にクーラーボックスが作れますよ♪

今回は100均で完結!簡易クーラーボックス作り方とは?ということで紹介していきます。

簡易クーラーボックスの作り方

クーラーボックス作り方は非常に簡単なので、100均の材料で自作にチャレンジしてみましょう。

hako3

①箱を用意

まず基礎となる箱を用意する必要があります。

できるだけ気密性が高いものが望ましいので、隙間が大きい木箱は避けたほうが良いです。

茶箱であれば隙間が少ないうえに内側に板金が貼られているものも存在します。

デザインなどに特にこだわりがない人は、茶箱を活用すると完成度が高まるのでおすすめです。

kuru-4

②アルミホイルを貼る

もし内側がむき出しの木やプラスチックの箱を使うのであれば、アルミ板を貼る必要があります。

とはいえアルミ板を用意するのは難しいですし、予想外に重くなってしまうケースもあるかもしれません。

そのため、100均ショップなどで売られているアルミホイルを使うのが現実的です。

アルミシートがいろいろな種類が売られている場合は、断熱性能の高さをセールスポイントにしている商品を選んでください。

箱の内側に紙やシールなどが貼られている場合は、まず取り除くことから始めましょう。

その上からアルミシートを貼ると箱との間にわずかに隙間ができてしまうからです。

そのようにして箱の内側が綺麗な状態になったら丁寧にアルミシートを貼っていきます。

③フタにもアルミホイル

続けて蓋にも同じ処置を施すと完了です。

④保冷材を入れればOK

最後に100均の保冷材を箱の底に敷けばクーラーバックの完成です!

ku-ra-

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外にホームセンターでクーラーバックを買うと2,000円~5,000円ぐらいするので、特に釣りで魚を入れる!

など本格的なクーラーボックスが必要ではない時に、簡易でしかも安くクーラーバックが作れるのでおすすめですよ。

もし、小さなお子様がいらしゃれば一緒に作るのも楽しめますよ♪

今回は、100均で完結!夏のアイテム簡易クーラーボックス作り方とは?について紹介してきました。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。