初めてコンタクトを使う人にとっては、やはり目からコンタクトを取り外す時がいちばん

難しいと感じることが多いのではないでしょうか?

そんなコンタクト初心者の方のために、今回はコンタクトの取り方!初心者でも失敗しないコツまとめ!を紹介していきます。

 

コンタクトの取り方!ソフトコンタクトの場合は?

コンタクトレンズにはソフトタイプとハードタイプの2種類があります。

ソフトタイプのコンタクトレンズは馴染みやすく外れにくいため、スポーツをする人の中にも愛用者が多いです。

そのソフトコンタクトを取る場合ですが、目を開けて直接指でつまむという作業が必要になります。

コンタクト初心者で慣れないうちは目に触れるのが怖いと感じるかもしれませんが、正しいやり方なら目を傷つけることも痛みを感じることもないので安心してくださいね。

ちなみに、ソフトコンタクトを取る時の、正しい手順は下記のとおり。

ソフトコンタクトレンズの取り方

①手をきれいに洗っておく。

手の爪が伸びていると危険なので短くしておくきましょう。

②片方の手で上まぶたを押さえ、反対の手の人差し指でコンタクトを下にずらすようにします。

その時、コンタクトが動かない場合は目に貼り付いて取れにくくなっている可能性があるので、目薬を差すなどして外れやすくするのがおすすめです。

③人差し指と親指の腹でコンタクトを軽くつまみます。

すると、目とコンタクトの間に空気が入ってスルリと簡単に外れます。

 

慣れてしまえばそれほど難しい作業ではありませんが、くれぐれも指や爪で目を傷つけないように注意してくださいね。

 

コンタクトの取り方!ハードコンタクトの場合は?

次に、ハードタイプのコンタクトについて見ていきましょう。

ハードタイプは酸素をよく通すので長時間使用する人に向いています。

 

ソフトタイプと比べてハードタイプのコンタクトレンズのサイズが小さいので、目への負担が少ないというのも特徴のひとつです。

 

そんなハードタイプのコンタクトには、2通りの外し方があります。

まずひとつ目。

ハードタイプのコンタクトレンズの取り方①


まばたきしてコンタクトレンズを取る方法。

①鏡を見てコンタクトが黒目の上にあることを確認します。

②外れたコンタクトをキャッチするため、手のひらを目の下で広げる。

もう一方の手の人差し指を目尻にあて、横に引っ張ります。

③少し目を広げるようにして数回まばたきを繰り返すと、

コンタクトがぽろっと落ちるので手のひらで受け止めましょう。

 

ふたつ目はまぶたを使って取る方法。

ハードタイプのコンタクトレンズの取り方②

①鏡を見てコンタクトが黒目の上にあることを確認します。

②利き手の人差し指を下まぶた、もう一方の手の人差し指を上まぶたに

あてます。

③上まぶたでコンタクトの上部を押さえ、下まぶたを指で押し上げます。

④まぶたが引っかかるようになり、目から取れます。

その際コンタクトがなくならないよう、下にタオルなどを敷いておくと良いです!

 

コンタクトが外れない時の対処法は?

普通に使用していても、「コンタクトが取れなくなってしまった!」

なんていうトラブルはよくあること。

そんな時の対処法についてご紹介したいと思います。

 

そもそもコンタクトが取れない原因として考えられるのは、目に貼り付いてしまっている場合と、どこにあるか分からなくなってしまった場合のふたつがあります。

 

まずはコンタクトレンズが目に貼り付いている場合の対処法を見ていきましょう。

この場合は目の乾燥がそもそもの原因であることが多いので、目薬を使って潤してあげると良いですよ。

目薬がない場合は洗面器に水を張って顔をつけ、その中でまばたきすると目が潤って、コンタクトレンズが取れる場合があるので試してみてください。

 

コンタクトが見つからない!

次に、コンタクトがどこに行ってしまったか分からない場合。

まずは落ち着いて目を上下左右に動かし、コンタクトレンズがどこにあるかを確認しましょう。

 

ネットでよく見る「眼球の裏側に行ってしまった!」などという

情報は間違いで、決してそんなことはないので慌てる必要はありません!

 

どうしても見つからない時は落としてしまっている可能性が高いのですが、

不安であれば念のため眼科を受診することをおすすめします。

 

コンタクトの取り方!初心者でも失敗しないコツまとめ!

いかがでしたでしょうか。

今回はコンタクト初心者の人のために取り外し方のコツと、トラブルの際の対処法をご紹介しました。

コンタクトレンズを取るのは、慣れてしまえば難しくない作業なのですが、最初は苦手に思う人も多いかもしれません。

そんな時は無理せずにコンタクトレンズの購入店や最寄りの眼科に相談してみてくださいね!

目は一生ものなので、上手に付き合っていきましょう。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。