horei bakku6

夏のお出かけシーズン到来ですね。

キャンプに海、釣り、バーベキューなどアウトドアが盛んになります。

そこで飲み物や食べ物の保冷、保温に便利なアイテムとしてクーラーボックスがあります。

クーラーボックスにはいろいろなタイプがあり、安いものだと100均ショップで買えるものや発泡スチロールの箱だけを使うものなどがあります。

しかし、今回は保冷力アップの為に100均のクーラーボックスをアルミシートで改造してみた結果・・について紹介していきます。

u-ra-bokkusu

簡易クーラーボックス

簡易クーラーボックスとして売られている発泡スチロール製のボックスは結構使えますが、何回も使っていると汚れがつき壊れやすいです。

仕方がないので千円ぐらいで買える見た目はきちんとしたクーラーボックスを利用するときがありますが、名前だけであまり保冷力がないものもあります。

これは、断熱材に先程と同じく発泡スチロールを使っているためです。

と言ってもかなり薄い発泡スチロールなので、ほとんどプラスチックのケースと変わりません。その為、長時間の保冷力はあまり期待できません。
ではアウトドア専門の高いクーラーボックスが買えない時、何とかして手頃なクーラーボックスを改造して保冷力がアップできないか検討すると、ある方法が候補に挙がります。

kuru-4

アルミシートで改造!

それは、発泡スチロールのクーラーボックスにアルミシートで改造する方法です。

 

表面がアルミ箔でコーティングされていて、中身はクッション材のようなものが入っています。

レジャーなどでもよく使うシートですが、意外に外部の温度を遮断してくれます。改造方法は、クーラーボックスの内側にシートを隙間なく貼りつけていきます。

角などは重ねるようにして隙間をできるだけ作らないようにします。ふたの部分にもきちんと貼り付ければ完成です。
改造してみた結果の使い勝手は、改造する前よりもそれなりに保冷力がアップします。

外からの温度が2段階で遮断されるので、いつもよりも長く氷が解けずにキープされます。

まとめ

もちろん利用する日の条件にもより、真夏の30度以上の所に置いておけば、改造する前とほとんど変わらない状態ともいえます。

ただシート自体は100均ショップなどでも安く売られているので、プラス100円プラスして改造する得効果としては大きいと言えます。

ぜひ、試してみてください。

ということで、今回100均クーラーボックスを●●で改造してみた結果・・保冷力アップ!について紹介してきました。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。