水を扱い仕事をしている人や主婦などが冬場に悩むことが多いのが手の甲にできてしまうあきぎれです。

冬場は手の甲が乾燥してしまいがちですし、水仕事をしていると手の水分が奪われてしまうため高確率で水分不足から手がカサカサ肌となってしまいます。

また血行不良も伴いやすくこれらが原因で手の甲にあきぎれができてしまうのですが、もしもできてしまった場合にはどのような治し方で治すのがおすすめなのでしょうか。

そこで今回は、あかぎれ手の甲の治し方は?おすすめのクリームある?について紹介していきます。

あかぎれにおすすめのクリームある?

あかぎれの主な原因は肌の乾燥と血行不良と考えられるので、患部を冷やさないようにすることと保湿することが大切と考えられます。

またもしも裂傷や出血が確認できる場合には患部の悪化や化膿を防ぐために消毒と止血、患部の保護が重要と考えられます。

もし症状がひどい場合には皮膚科を受診するのがおすすめですが、症状がそこまでひどくない場合や忙しい場合などにはドラッグストアなどで購入できる市販薬でも治療は可能です。

最もおすすめなのはオロナインメンタームなどの専用の軟膏の利用です。

これらの軟膏は患部を消毒する効果に加えて出血を止める効果や血行不良を改善する効果、肌を刺激から守る効果が得られるので、患部に塗るだけであきぎれも様々な対処ができ、理想的な治し方ができるのです。

あかぎれ手の甲の治し方は?

なお早期に治したい場合にはこれらの軟膏を患部に塗った上で水仕事などは一切行わないのが理想的ですが、専業主婦などは現実的に水仕事を一切行わないのは無理があります。

そこでおすすめしたいのが軟膏を塗った上に防水機能の高いテープや絆創膏などを貼って患部を徹底的に自ら保護することとなります。

近年では剥がれにくく完全防水仕様のテープや絆創膏なども多いのでこれらの医薬品と複合的に使用することで無理なく治すことができます。

加えて食器洗いなどを行う際にはゴム手袋を装着するなど患部への刺激を最低限に抑えつつ、保湿を意識することで症状の悪化を抑えるとともに予防効果を得ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

体質にもよりますが、冬、乾燥してくるとあかぎれの季節ですね。

あかぎれの原因である乾燥はやはり、清潔にして油分で皮膚をコーティングしてあげることが重要です。

オロナインメンタームを塗って様子をみましょう。

また、手遅れにならないようにたかがあかぎれと油断せずに、症状が悪化してきた際は必ず皮膚科に見てもらいましょう。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

 

オロナインはこちら

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】大塚製薬オロナインH軟膏 250g
価格:1579円(税込、送料別) (2018/9/13時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】大塚製薬オロナインH軟膏 チューブ 50g
価格:526円(税込、送料別) (2018/9/13時点)

楽天で購入

 

メンタームはこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】薬)近江兄弟社/メンタームEXプラス 90g
価格:681円(税込、送料別) (2018/9/13時点)

楽天で購入