そら豆は寒冷地や温暖地、地方によって異なります。

そら豆はおよそ5月から6月に収穫できるので、夏を迎えるころのビールのお供として大好物の人が多いですよね。

そこで今回は、そら豆は皮ごと食べても問題ない?栄養ビタミンも!について紹介していきます。

そら豆は栄養がスゴイ!?

そのそら豆が、実は栄養的にも豆類として身体に良い植物性タンパク質が沢山あり、ビタミンやミネラルも豊富な食べ物として注目されています。

一年中食べたい食材として注目されています。

そら豆のビタミン

そら豆に含まれるビタミンはB群やCは、疲れを取り除き、身体の代謝を促進してくれる効果が期待されています。

また、そら豆に含まれるミネラルはカリウム、リン、マグネシウムなどであり、血圧の調整にも良いとされています。

そら豆は皮ごと食べる?

そら豆は茹でていただくのが一般的ですが、薄皮をどうするかについては、意見が分かれるところです。

人によって食べ方は色々です。

そら豆を皮ごと食べると、そら豆の薄皮は口に含むとやや硬さや弾力感があるので、食べにくいという印象がありますよのね。

そら豆の薄皮は、ちょうど葡萄を口に含んでから皮だけ取り出すようにする人と、皮ごとむしゃむしゃと食べてしまう人に分かれるようにハッキリと好みが分かれます。

そら豆の皮は食べて大丈夫?

そら豆の皮は皮ごと食べて何か問題ない?という疑問が湧いてきますが、特に問題はありません。

そら豆の皮はむしろ、豊富な食物繊維を含んでいるので、お通じにも良く、積極的に食べた方が良いと言われています。

ただ、栄養のためと言っても、そら豆を皮ごと食べることに、大きな抵抗を感じる人も少なくありません。

それは、そら豆の皮が食べにくいとか以前にそら豆の皮は農薬が付いていないのか?

という農薬の有無、身体への安全面で心配もあるからでしょう。

農薬に関しては、そら豆の外側のさやで守られているのでまず心配は必要ありません。

また、農薬に関しては人体への影響がないように栽培するのが原則なため、このことも踏まえれば大丈夫ということが分かると思います。

そら豆皮ごとは鮮度次第

そら豆を皮ごと食べるには鮮度が1つの基準になります。

そら豆は新鮮なものでないと、そら豆を皮ごと食べることに、その皮の硬さが気になり、抵抗感がどうしても残り、次からは遠慮してしまうことになるので、この点は気を付けましょう。

そら豆皮ごと食べる料理

旅行などの旅先で、皮つきの揚げたそら豆を見たことや食べたことがありませんでしょうか。

名称はいろいろですが、皮が大事な食用になることは、これらの料理を見てもわかる通りです。

ご家庭でもそら豆を茹でて食べるだけでなく、油でカリッと揚げてみると、別のおいしさを味わうこともできますよ。

そら豆のさやごと焼いて食べるのも、最近では流行りの食べ方となっています。

さらに、さやそのものも新鮮であればおいしいと料理レシピを工夫する人が出てきているくらいですから、そら豆の活躍舞台はさらに広がっていきそうです。

そら豆は皮ごと食べても問題ない?栄養ビタミンも!まとめ

いかがでしたでしょうか。

そら豆は皮ごと食べられます。しかし、鮮度がいいものを選ぶことが重要です。

そら豆の皮には、ビタミンなど栄養豊富ですよ。

今までそら豆の皮ごと食べることに抵抗があった方も、茹でたり、揚げたりしたそら豆の皮ごと食べる料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。