sutoro-3

外食大手のスターバックスがプラスチックストローを廃止すると発表したことで紙ストローが今注目を集めています。

2018年7月、スターバックスは2020年までに世界で約2万8000店のスターバックス全店でプラスチックストローの提供を廃止することを発表しました。

小さすぎてリサイクルされないストローなどのプラスチックごみは海洋を中心とした場所に生息する自然動物への影響が問題視されています。

そのため、ついに米国シアトルでプラスチックストローの使用が禁止された翌週の発表でした。

スターバックスでは今後、プラスチックストローに代えてシアトルでも使用が許可されている紙ストローか自然分解されるポリ乳酸性のストローが採用されるとみられています。

なお、スターバックスでは一部の冷たい飲み物は今後、ストローを使わずに飲み物を飲むことのできる蓋に吸い口のついたカップで、フラペチーノはストローで提供される予定とのこと。

そこで、今回は紙ストローになるってホント?スターバックスが発表した紙ストローとは?について紹介していきます♪

sutoro-

紙ストローになる?紙ストローとは

紙ストローと聞くと、水分に触れ続けていると溶けるのではとも思えますが、最新の紙ストローは耐朽性において進化を遂げています。

プラスチックストロー禁止を受けシアトルの多くの企業が採用している紙ストローは、Aardvark社製の紙ストローです。

Aardvark社製の紙ストローは海中でも生分解可能で問題視されていた海洋生物への影響はなさそうです。

さらに、長時間使ってもドリンクが漏れ出すことがない丈夫なものです。

原料には同社のインディアナ工場周辺で育てられた木を使っておりクリーンな印象です。

sutoro2

紙ストローのメリット

そして、何と言っても注目なのはその可愛らしさです。

ピンクや水色・紫・黄緑といったカラフルな色使いに、水玉模様やストライプなどのポップな模様の可愛らしさも、今注目を集めるもう一つの理由かもしれません。

印刷してある紙のストローで飲み物を飲んでインクが溶け出すことで健康への影響は出ないのか?という点も心配ありません。

特別製の安全に飲めるインクを採用しているので可愛く安心してドリンクタイムをたのしめます。

これを機に一気に可愛く自然にやさしい紙ストローを使う動きが広まるかもしれませんね。

まとめ

今回は、紙ストローになるってホント?スターバックスが発表した紙ストローとは?について紹介してきました。

この世界的な紙ストロー騒動もマクドナルドが表明をしたり、大きな動きになっています。

日本でも紙ストローに切り替わっていく流れはすぐそこまで来ています。

この情報はあなたのお役に立てれば幸いです。