amido5

築年数が古いアパートはもちろん、新築であってもゴキブリやコバエ、蚊などの虫がアパートに暮らしていると、どこからともなく、発生してくる事ありますよね。

虫が特に好きとか、平気な方はいいですが一般的には虫室内にいると不快になります。そこで今回は、アパートの虫対策はこれ!あなたの虫の悩みは解決できますよ!について紹介していきます。

古いアパートは室内から虫?

古い実の中には虫がたくさんいるイメージありますよね?でも、ここで誤解してはならないのは、虫はアパートの築年数がどんなに古かったとしても室内で発生する事はまずありません。

つまり、虫の姿を目にした際には何らかのきっかけで外部から侵入してきたと考えるべきです。

虫対策

虫対策を行うのなら室内でのみ対策をしても済む事ではなく、外と室内の双方で効果的な対策をとりましょう。

ところで、虫による被害と言えば夏という印象が強いですよね。しかし、特別に夏だから虫が多いというのは正しくありません。

実は夏の過ごし方が、アパートの内部に虫を侵入させてしまう原因となります。

特にエアコンを稼働させる事なく、窓を開け放して外気を取り入れて気温調節をしている時多くありませんか?

窓を開けて網戸にした時点で網戸の隙間から、虫の侵入を許してしまう可能性がアップします。その一方で窓を開ける場合は必ず網戸を使用する上に、どれほど築年数が古いアパートでも網戸ぐらいは備わっているので、一見虫が侵入してくる起因には考えにくいです。

mido

網戸しててもダメ?

ところが、そのような網戸を使用しているため問題ないという思い込みが実態を悪化させたり、根本的な原因を見過ごしてしまうきっかけになってしまいます。

網戸と言ってもフィルターのようにキメが細かいわけではなく、よく見ると小さな虫であれば十分通り抜けられる程の大きさで網目が構成されている事がわかります。

そのため、コバエであればたとえ網戸を締め切っていても隙間から難なく入り込む事ができます。また、築年数が古いアパートや冬期間に雪が降る地方であれば網戸の劣化が進行しやすいです。

網戸の劣化が原因で、隙間なくきっちりと閉めているつもりでも、網戸とサッシの間に狂いが生じていて上下のどちらかに隙間が発生しているパターンがあります。

amido4

網戸の状態をチェック

また、網戸がきちんとしまっていても、最悪は網の一部が破れてしまっている可能性もあります。そうなれば、ハエや蚊などの比較的大きな虫でも余裕を持って室内に入り込む事ができてしまいます。

そうした網戸の劣化が影響している場合の虫対策の品を多く取り扱っているのはコーナン、カインズホームズ、ニトリ、ケーヨーデイツーなどの大手のホームセンターです。

ammido

網戸からの虫の侵入対策は網戸そのものが売っている上に網戸の上に、さらにキメが細かい物を貼り付けて網の目を小さくするフィルターがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アパートに虫が入ってこないように対策するには、網戸のなど虫が入り混みやすい場所から対策して行きましょう。虫の侵入対策グッズは、ホームセンターの害虫対策コーナーがおすすめです。

網戸フィルターやバルサン、殺虫剤、網戸交換で夏のアパートの虫対策をして乗り切りましょう♪

今回はアパートの虫対策はこれ!あなたの虫の悩みは解決できますよ!について紹介してきました。

最後にネットでも購入可能なので、紹介しておきます。

①虫から花粉、ホコリまでカット!

②定番のバルサン

③網戸の交換

この情報が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。